09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

金山城址   (2016年3月1日)(千葉県鴨川市) 

3月1日 公休日

個人的な連休初日。

この日は、鴨川市に出かけました。


金山ダムに車を置いて、向かった先は...............金山城址



金山城は、伝承によれば平安時代に長狭六郎の居城であったとされています。
長狭六郎は伊豆から安房に落ち延びてきた源頼朝を襲撃しましたが
失敗して殺されてしまいました。
その後、室町時代には東条氏の城となりましたが、
里見義実に攻められて落城、その後は里見方の城となったと言われています。


こちらが、金山城の縄張り図

      金山城址縄張り図
 
          ( 余胡くんのお城のページ よりお借りしました )




金山ダムから片道1車線の細い道をトボトボ歩いて下り、
トンネルを二つ抜けます。

二つ目のトンネルを抜けた先の二叉路には
こんな碑が建っています。

      20160301金山城址01


金山城址の碑です。

      20160301金山城址02



ここから先は、しばらく平坦路。

      20160301金山城址03


やがて、道は登りとなって行きます。


上り坂の途中にある城址標柱。

      20160301金山城址04

かなり年季が入っていて、文字も擦れて判別出来ません。


更に上りは続きます。

      20160301金山城址05


次第に道は細くなって、車ではキツイだろうなぁ。
やっぱり金山ダムに車を置いて来たのは正解だったようです。

      20160301金山城址06


さすがに上りに疲れを感じた頃、
目の前に現れた虎口。

      20160301金山城址07

岩を削って作った虎口。
圧巻です。


別アングルから。

      20160301金山城址08



虎口の先は広い削平地。

      20160301金山城址09

四郭になるようです。
まるでグランドのように広い曲輪。

真ん中の人が通った跡が道のようになっていますが
それ以外は藪状態。


四郭の奥には主郭へと続く登城路。

      20160301金山城址10

主郭目指して、登城路を登ります。


こちらが、三郭虎口。

      20160301金山城址11



三郭。

      20160301金山城址12



こちらは、二郭虎口。

      20160301金山城址13



二郭。

      20160301金山城址14



主郭はもうすぐ。
ここを登り切れば主郭です。

      20160301金山城址15



ちょっぴり息が上がってきたけど、主郭に到着。

こちらが主郭虎口。

      20160301金山城址16


主郭に鎮座している祠。

      20160301金山城址17

不便な場所にある祠ですが、定期的にお詣りされる方がいるようです。

榊の木やお供え物も在りました。

      20160301金山城址18


金山城に由縁のある末裔の方々が定期的に来られているのでしょうか?

      20160301金山城址19


      20160301金山城址20



祠背後の土塁。

      20160301金山城址22


土塁の上はちょっとした展望台。
物見の役目をしていたかもしれません。

      20160301金山城址21


      

しかし、何と言っても金山城址の一番の見所は
岩を削って作り上げた四郭の虎口。

虎口の上部にアタックしてみましたが
導線は細尾根。

      20160301金山城址23

びいすけ と一緒じゃ危ないし、
落っこちても馬鹿らしいからアタック中止。


車は金山ダムに停めてあるから
車まではかなり歩くことになる。

まだまだ元気な内に戻ることにいたしましょう。

遺構そのものは少ないし、舗装されているとは言え
林道(?)をかなり歩くから、大変だったけど
ちょっびり満足した金山城址の攻略でした...............。




     



関連記事
スポンサーサイト
2016/03/24 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit