08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

清澄山天富神社  《関東の富士見100景 》  (2016年3月1日)(千葉県鴨川市) 

3月1日  公休日

個人的な連休初日。

この日は、朝早く家を出て勝浦市並びに鴨川市に出かけました。

勝浦市の『かつうらビッグひな祭り』を見学してしたあとに鴨川市へと足を伸ばしました。

多少の雲はあるものの、青空が広がり快晴に近い天気。
ひょっとしたら、房総半島からでも富士山を眺めることが出来るかも知れない。
富士山の眺望なら、富士見百景でしょう。
関東には、『関東の富士見100景』なるモノが存在しているらしい。
そして、鴨川市にもそれがあるらしい。


『関東の富士見100景』とは、富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、
周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、美しい地域づくりの推進を目的として
国土交通省が平成17年に選定を実施しました。
百景と言うことですが、実際には富士山への良好な眺望が得られる128景233地点となっています。

その中の一つ、鴨川市清澄山にある天富神社にやって来ました。

看板が示すように、天富神社の境内が関東の富士見百景と言うことです。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内01


清澄山の頂部とは言わないが、
セリ上がった台地(?)の頂部に天富神社は在るようです。

鳥居をくぐって参道を登ります。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内02


      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内03



台地に残されたヤグラあと。
中世の横穴式墳墓であるヤグラは鎌倉地方で良く見かけられますが
相模湾(東京湾)を挟んだ対岸の房総半島の安房地方でも見かけます。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内04


元々、鎌倉時代の武士の墓とも言われるヤグラ。
この辺りも中世の城郭だったのだろうか?


前夜、地元の佐倉ではうっすら雪が降ったようですが
清澄山に降ったようで、うっすらと芝生が白くなっている。

石段も凍って滑りやすい。気をつけよう。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内05


こちらが、天富神社。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内06



思ったよりも狭い境内。

削平地の郭に見えてしまうのは、城郭ファンの性(さが)?

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内07


こちらが、本殿。
軽くお詣りをしておきましょう。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内08


本殿に対座するように...............


関東の富士見100景 の石碑って言うか、
記念碑って言うか、プレート。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内09


      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内10


見覚えのあるプレート。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内11



本来なら、本殿に対座する方向、即ち、記念碑の延長上に富士山が見えるはずなんだけど

残念ながら、この日はその姿を眺めることが出来ませんでした。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内14

こればっかりは天候に左右されてしまうから仕方がない。
晴れていても、ちょっとした雲があっても見えないし、
ガスってしまって見えなくなることあるからね。



そもそも富士山の景勝地って言うことは他の眺望も長けているってことになります。

鴨川市内の眺望。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内12


遥か先には、うっすらと三浦半島も見える。

      20160301富士見百景 清澄山天富神社境内13


富士山は見えなくても、やっぱり眺望の良い所なんですね。



関連記事
スポンサーサイト
2016/03/20 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit