05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

佐倉・城下町雛めぐり  (2016年2月25日) 

2月25日 公休日

個人的な連休初日。

この日は当初、朝早く家を出て南房総市の廃校巡りにでも行こうと考えていました。
前夜からポツリポツリと冷たいモノが降り始めた気配は感じていましたが
朝起きてビックリ。
うっすらと雪化粧。
夜半から雪になったようです。

びいすけの朝のウンチ散歩も適度に切り上げ
再び布団に潜り込んで二度寝を決め込みます。
南房総へはまた日を改めて行くことにしよう。

10時過ぎまで爆睡して、郵便局に用事があることを思い出した。
散歩を兼ねて郵便局に出かけることにしました。

郵便局に行くのが目的でもあるけれど、
郵便局のある佐倉城下町商店会に行くのも目的です。

平日の昼間。
人通りもほとんど無い。

      20160225城下町ひなめぐり02


寂れていると言えば、一言だけど
この商店会もシャッター通り商店街と化しています。

      20160225城下町ひなめぐり01

店舗をたたんで、一般の住宅に建て替えたりして
商店もまばらになってしまった通りです。

      20160225城下町ひなめぐり29


      
商店の壁に貼られているポスター。

      20160225城下町ひなめぐり03

そうです。毎年この時期。
ひなまつりの時期に合わせて、我が町佐倉でも 雛巡りが行われています。

題して...............佐倉・城下町雛めぐり

      20160225城下町ひなめぐり04


先ずは、新町郵便局から。

郵便局の中に びいすけ は入れないから
振り込み手続きの待ち時間に、飾られているひな人形をパチリ☆。

      20160225城下町ひなめぐり05




振り込みも無事終了。

それでは、 佐倉・城下町雛めぐり といたしましょう。


今年で第8回となる佐倉・城下町雛めぐり。
歴史はまだ浅いけれど、本当に毎日の散歩コースの目と鼻の先だから
毎年楽しみにしていたりします。

しかしながら、毎年飾っていた商店が廃業したりして
昨年よりも数件少なくなったような気がします。

そんな事を気にしつつも、各商店に飾られたひな人形を眺めて行きましょう。

      20160225城下町ひなめぐり06


      20160225城下町ひなめぐり07


      20160225城下町ひなめぐり08


      20160225城下町ひなめぐり09


      20160225城下町ひなめぐり10


      20160225城下町ひなめぐり11


      20160225城下町ひなめぐり12


      20160225城下町ひなめぐり13




こちらが、メイン会場とでも言うべきか
NPO団体の佐倉一里塚。
旧呉服商 駿河屋である今井家住宅。

      20160225城下町ひなめぐり14

三和土の奥にひな人形が飾られています。

      20160225城下町ひなめぐり15



びいすけ は中に入れないから
ささっさぁ〜と中に入ってパチリ☆。

その間、 びいすけ は標識に係留。

      20160225城下町ひなめぐり16


      20160225城下町ひなめぐり17


      20160225城下町ひなめぐり18





再び、商店のひな人形を眺めながら歩きます。

      20160225城下町ひなめぐり19


      20160225城下町ひなめぐり20


      20160225城下町ひなめぐり21


      20160225城下町ひなめぐり22


      20160225城下町ひなめぐり23


      20160225城下町ひなめぐり24


      20160225城下町ひなめぐり25


      20160225城下町ひなめぐり26


      20160225城下町ひなめぐり27


      20160225城下町ひなめぐり28



佐倉市のHPによれば、約40ヶ所の商店や民家で
ひな人形を飾って展示しているようです。
犬連れだと、どうしても店先やショーウインドウに
飾ってあるひな人形しか眺めることは出来ないけれど
それはそれで楽しいものだったりします。

ただ、地元贔屓にしても、いまいち盛り上がりに欠けるような気がしなくもない。
商店が毎年1件とか2件とか減っていくのも問題なんだよなぁ。
町興しの一環としてのイベントであり、活性化のためのイベントでもあるようですが、
地方都市の活性化...............

なかなか難しいようです。






関連記事
スポンサーサイト
2016/03/15 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit