07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

船子城址 (2016年2月21日)(茨城県行方市) 

2月21日 公休日

個人的な連休2日目。

この日は、茨城県行方市へ出かけました。
本来の目的は別にあるのですが、せっかく行方市に来たのだから
以前から気になっていた何ヶ所かの城址巡りをしました。


島並城址をあとにして、向かった先は...............船子城址



船子城は、足利持氏の乱(1439)で追われた関宿の城主・下河辺義親が
小高地頭を頼って当地に来て船子城を築いたという。(浅間神社 説明版による)

下川辺氏は行方城へ移り、船子城は小高氏の城となったようです。
天正19年(1591)2月、佐竹義宣の南方三十三館主謀殺事件で
小高氏は佐竹義宣に滅ぼされ、船子城は廃城となったようです。



こちらが、船子城の縄張り図。

      船子城址縄張り図

          ( 余胡くんのお城のページ  よりお借りしました )



浅間神社の駐車場に車を停めて、いざ参らん!


先ずは、浅間神社を覗きましょう。

こちらが浅間神社の入り口。

      20160221船子城址01



浅間神社の説明板には、船子城についても触れています。

      20160221船子城址02


東日本大震災で倒壊したのでしょうか?
破損した石造りの鳥居の残骸が転がっています。

      20160221船子城址03



こちらが、新しい鳥居。
木製になっていますね。

      20160221船子城址04


そして、拝殿。

      20160221船子城址05



浅間神社の背後の台地が船子城址と言うことなので
拝殿の背後に回ってみると...............

台地へと続く石段がありました。

      20160221船子城址06


石段の先には小さな祠があり、石段はそこで終わり。
その先は、まるで竪堀のような斜面。

      20160221船子城址07


祠から右に迂回するように登城路があります。
意外に傾斜がきつい。

      20160221船子城址08


頑張って登城路を登って行きます。

      20160221船子城址09



登った先が削平地。
そして、数基の墓石。

      20160221船子城址10


船子城、あるいは下河辺氏に関連する墓石でしょうか?
はたまた、地元の古くからの氏子さんの墓石なのか?

      20160221船子城址11


墓石の前のある削平地から一段下がるように郭が広がっているけれど
そこは既に藪。

      20160221船子城址12


藪を掻き分けて進むと、眼下に堀切がみえます。

      20160221船子城址13

( 画像だと分かり辛いですね )


堀切に降り立ってみても、堀切の奥は藪。

      20160221船子城址14


堀切を超え、次なる郭へと進みますが、
虎口から既に藪状態になっています。

      20160221船子城址15


辛うじて人が歩いた形跡を進みますが、完全な藪状態。
この藪の先へと進む勇気と根性は無くなりました。

      20160221船子城址16


結局、藪に負けて台地の一部しか制覇出来ていません。
過去に攻城された方のHP等を拝見すると、攻略出来なかった先には
更なる堀切が2本も待ち構えているらしい。

藪状態じゃなかったら、頑張ったんだけどなぁ...............

残念ながら、船子城址は不満足状態であとにすることになります。


浅間神社の駐車場脇から眺める船子城址。

      20160221船子城址17



さて、時刻も良い頃合いになってきたので、
当初の目的地に向かいましょう。


関連記事
スポンサーサイト
2016/03/13 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit