09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

石神城址 (2016年2月21日)(茨城県行方市) 

2月21日  公休日

個人的な連休2日目。

この日は、茨城県の行方市へ出かけました。
本来の目的は別にあるのですが、せっかく行方市に来たのだから
以前から気になっていた何ヶ所かの城址巡りをしました。


相賀城址をあとにして、向かった先は...............石神城址

石神城は、
築城時期とは不明ですが、
下河辺忠長が築いたものだと言われているようです。


こちらが「石神城の縄張り図

      石神城址縄張り図

            ( 余胡くんのお城のページ  よりお借りしました )



県道186号線沿いに熊野神社のある台地があります。
その台地の手前にあるちょっとした台地が石神城址になります。

台地下部の民家脇にある登城路を進んで行きます。

      20160221石神城址01


すぐに立派な切り通し。

      20160221石神城址02


切り通しの右奥は畑となっているけど
かつての郭跡。

      20160221石神城址03



切り通しを判断側から見ると、こんな感じ。

      20160221石神城址04



いかにも城郭って感じがします。

      20160221石神城址05


切り通しから奥へと導いていく登城路。
画面では右側の細い道です。

      20160221石神城址06


さらに進んで行けば、腰曲輪が左手にあるのだけれど
行く手を遮る竹林となっています。

      20160221石神城址07

この先に郭跡がありそうな感じですが、
とても竹藪の中を進軍して行く根性が無い。
諦めて、こちら側からの当時は断念。


県道を歩き、民家脇から台地上部へと続く道。
こちらは、後世に造られた道のようです。

      20160221石神城址08


緩やかに左カーブを描く道を歩けば、1件の民家。

民家背後の切岸。
城塁のようにもみえます。

      20160221石神城址09



どうやら、ここが石神城址の主郭跡のようです。

      20160221石神城址10



広大な削平地ですが、今や完全な畑。
主郭跡が耕作されて畑となってしまっていると言う良くあるパターンですね。

      20160221石神城址11



台地左奥の城塁は一部削られてしまっているようです。

      20160221石神城址12


主郭跡は畑以外は完全な藪。
さすがに藪の中へ入って行く元気は無い。

それよりは台地を登ってくる時にチラッと見えた腰曲輪が気になります。


腰曲輪への降り口。

      20160221石神城址13


そして、こちらが腰曲輪。

      20160221石神城址14

ひょっとしたら、ここに八幡神社があったのだろうか?


腰曲輪から主郭へと続く登城路(?)

      20160221石神城址15


冒頭の切り通し意外にこれと言った見所もなく、
遺構もほとんど残っていない。
残念だか車に戻るしか無い。



県道から眺める石神城址。

      20160221石神城址16


物足りなさを感じながらも、次なる城址へと向かうことにいたしましょう。







関連記事
スポンサーサイト
2016/03/11 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit