05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

相賀城址 (2016年2月21日)(茨城県行方市) 

2月21日 公休日

個人的な連休2日目。

この日は、茨城県の行方市へ出かけました。
行方市へ行く途中である香取市でちょっと道草。
さらに茨城県の潮来市でも寄り道をしていました。

潮来市の寄り道も終わり、行方市に入りましたが
当初の予定地へは向かわずに、さらなる寄り道をしてみました。

牛堀第二小学校をあとにして
向かった先は...............相賀城址


相賀城は平安末、逢賀太郎親幹が築いた逢賀城で、
これを室町時代の末期に手賀左近尉義元(相賀入道)が再建し、
相賀城と呼ぶようになったと伝えられています。
伝承によると、相賀入道の婿の彦四郎は、小高氏の軍勢と戦い討死してしまい、
相賀城最後の城主・手賀三郎四郎は佐竹氏に攻められ滅亡したと言われています。
                                   (現地 説明版による)


こちらが、相賀城の縄張り図

      相賀城址縄張り図

            ( 余胡くんのお城のページ よりお借りしました )


県道185号線沿いの行方市根小屋築にある八幡神社のある台地一帯が
相賀城址だと言われています。

こちらが、その八幡神社のある台地下部。
八幡神社の鳥居です。

      20160221相賀城址01


石段を上がって約85m先が八幡神社。

      20160221相賀城址02


石段を上がって行きますが台地の雰囲気は、いかにも城址って感じが満載です。

      20160221相賀城址03


      20160221相賀城址04



最初の石段を上りきるといきなりめの前に大きな横堀が現れます。

      20160221相賀城址05


そして、その横堀の手前にある竪堀。

      20160221相賀城址06



光の加減で下草がいっぱいあるように見えるけど
いまは冬。下草も枯れているから、この機を逃さずに
横堀へと進軍いたしましょう。

      20160221相賀城址07



横堀内部。
まっすぐ進めば、やがて竪堀となり八津へと下って行きます。

      20160221相賀城址08


竪堀手前で右転回。
横矢の掛かった横堀が先へと続いています。

      20160221相賀城址09



こちらが八津へと続く竪堀。

      20160221相賀城址10



横堀をさらに進めばやがて土橋に。
土橋の先は大堀切。

      20160221相賀城址11



土橋の上から横堀を振り返ってみます。
やっぱり、横矢が掛かっているのがはっきり分かります。

      20160221相賀城址12



こちらは、主郭である八幡神社への虎口。

      20160221相賀城址13


      20160221相賀城址14



主郭の八幡神社の説明板。

      20160221相賀城址15


八幡神社の拝殿。

      20160221相賀城址16


八幡神社の境内(主郭)には、小洒落た展望台がありましたが
床部分が壊れていて、立ち入り禁止。

      20160221相賀城址17



境内の土塁。

      20160221相賀城址18


再び、横堀の土橋まで戻ります。
この日アングルの方が土橋は分かりやすいかな?

      20160221相賀城址19



こちらが、主郭と二郭を隔てる大堀切。

      20160221相賀城址20



さらに奥へと進みましょう。

      20160221相賀城址21



余胡さんの縄張り図で言うところの 堀切2 の土橋。

      20160221相賀城址22

この先に右方向に2つの腰曲輪を確認したら
目の前には三郭が現れます。

三郭の虎口。

      20160221相賀城址23


郭奥には小さな祠。

      20160221相賀城址24


居館が設けられていたのでは?とされる三郭。
広い削平地ですが、現在は藪に近い状態。

      20160221相賀城址25



さらに進んで、四郭は今や畑と化しています。

      20160221相賀城址28



畑と化した四郭まで来た目的は、ズバリこれ。

      20160221相賀城址26

やっぱり城址碑とか、標柱や説明板は欠かせない。
我、この城を攻め落としたぞ!って感がするのは私だけ?(笑)



じっくり読んで、城の由来や歴史を自分の知識として吸収します。

      20160221相賀城址27


南北に広がる台地に幾つかの郭を連鎖的に並べ
歩き応えもあり、見事な横堀や大堀切と言う遺構を残し
見応えもある相賀城址。ちょっびり手応えのある相賀城址でした。




     

関連記事
スポンサーサイト
2016/03/10 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit