05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

鳴滝 (2016年2月16日)(茨城県石岡市) 

2月16日 公休日

この日は、茨城県のつくば市と石岡市の滝巡りに出掛けました。


赤滝をあとにして、向かった先は...............鳴滝


石岡市を流れる恋瀬川の源流とも言われ、
北部の瓦谷(かわらい)地区にあります。
大雨の際には大きな音を立てることから、
鳴滝と言う名が付けられたそうです。
滝は落差20m、長さ50mほどあり、一枚岩の急斜面を流下します。
滝の上部には不動尊が祀られています。


鳴滝も瓦谷地区の台地を上がって行きますが
舗装された林道が鳴滝まで整備されていて
駐車場も10台くらいは楽に停められるので
アプローチは楽ですね。
赤滝やつくば市の白滝のように
車を停める場所に苦労しなくていいのは楽ですね。


こちらが鳴滝の入口。
( 駐車場の一角です。)

      20160216鳴滝01


石岡市に合併される前の八郷町時代からの観光地で
年季の入った説明板が設けられでいました。

      20160216鳴滝02



滝に不動明王が祀られるのが多い。

      20160216鳴滝03

こちらにも滝の上流に不動明王が祀られていると言う事です。

確かに、全国的にみたら、不動滝っていう名称の滝が多い。
その点、こちらは不動滝ではなく、鳴滝と言う名称だから良心的(?)。



長さ50m、落差20mの鳴滝。

      20160216鳴滝04


確かに斜面を約50m流れ落ちている。

      20160216鳴滝05



滝に沿って、不動明王をお詣りする為の参道とでも言うべき石段が設けられています。

      20160216鳴滝06



石段の途中で、はいポーズ、パチリ☆。

      20160216鳴滝07



不動明王の手前は石段と言うよりは瓦礫の上り。

      20160216鳴滝08



こちらが、不動明王。

      20160216鳴滝09


不動明王の祠の裏手辺りが滝の落口。

      20160216鳴滝10

即ち鳴滝は、ここから始まると言うことです。


覗き込む びいすけ 。

      20160216鳴滝11


      20160216鳴滝12


      20160216鳴滝13



滑りやすい岩場を注意しながら、正面から一枚。

      20160216鳴滝14

この水が岩場を伝って50mにわたり流れ落ちて行くわけです。



上りが有れば、当然下りもある。
苔で滑りやすい石段を気を引き締めて下って行きます。

      20160216鳴滝15

『 びいすけ! そんなに引っ張ったら危ないよ! 』



車に戻る前に、もう一枚!

      20160216鳴滝16

水量は少ないけれど、一枚岩の斜面を約50m流れ落ちてくる水の軌跡は
やっぱり美しいと感じでしまいます。

これが、滝の魅力なのかもしれない...............。





関連記事
スポンサーサイト
2016/03/02 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit