04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

府馬城址    (2016年2月10日)(千葉県香取市) 

2月10日  公休日

個人的な連休初日。
この日は香取市へ出掛けました。

山之下城址から直線距離で数百m。
完全な徒歩圏内の距離にある城址。
府馬城址を訪れました。

府馬城は、下総の名族である千葉氏の流れをくむ国分氏の一族である府馬氏の居城であります。
南北朝時代中期の貞治・応安の頃に、本矢作城主である国分胤通の子孫である越前五郎時常が
この地を領して府馬氏を称し、府馬城を築いたと言われています。
戦国後期の頃に、府馬城主の府馬時持は安房里見氏と結んで、里見氏の重臣正木氏と共に
東総一帯に進撃し、小見川城・森山城・鏑木城・米野井城などを攻め落としたとされています。
千葉一族でありながら、千葉一族を裏切った時持ですが、間もなく反撃にあい
府馬城への帰城の途中、米野井城付近の激戦で討死したと言われています。


こちらが、府馬城址の縄張り図。

      20160210府馬城址01

余胡くんのお城のページ からお借りしました )


台地中央部を南北に細長く伸びた郭群が広がり、
大まかに3つの郭群で構成されています。
北側から一の郭群、二の郭群、三の郭群と言ったところでしょうか。

府馬の大クスのある山之下城址から歩いてくると
こんな感じで府馬城址が現れます。


郭群で言えば、三の郭群にあたります。

      20160210府馬城址02

細長い台地の付け根。
縄張り図をじっくり見ていなかったから
ここが要害だと勘違いして登ってしまいました。

      20160210府馬城址03

谷を挟んで、山之下城址が見えます。
三の郭群は視界が開け、物見台の役割を果していたかもしれません。

      20160210府馬城址04
    


こちらが要害。
それなりに広い郭だったようです。
台地の一番高い場所になるから、てっきりこの要害が主郭なのかと思ったら
どうやら違うようです。
主郭は台地先端部に近い削平地のようです。
      
      20160210府馬城址05



要害への登城路と腰曲輪。
右側の削平地が要害となります。

      20160210府馬城址06

民家の脇からのアプローチになります。



府馬城址の歩いて台地の下部は民家が数件並び
城址への登城路はいずれも民家の脇から台地に入っていく形になります。


こちらがメインの登城路。


      20160210府馬城址07


余胡さんの縄張り図で言うところの7の切り通し。

実は、府馬城址で一番の見所とも言えます。
郭群で言えば二の郭群にあたります。

      20160210府馬城址14


まさに大堀切と言った方が適切ですね。

      20160210府馬城址08


ちょうど、陽も傾き出し、西陽が切り通しに差し込み
昼でも薄暗い場所を照らしています。

      20160210府馬城址09



この切り通しから主郭部へと進軍していきましょう。

      20160210府馬城址10


台地先端部に近い郭。
こちらがどうやら主郭だったみたいです。

      20160210府馬城址11

余胡さんの縄張り図によれば、5の郭になります。



こちらも、それなりに見応えのある切り通し。
ちょうど6の郭の下になります。
こちらも見事な堀切ですね。

      20160210府馬城址12


      20160210府馬城址13


     
主郭のある台地下部にある集会所。

      20160210府馬城址15

この集会所の背後の台地が府馬城址の主郭部。


遺構は余り残っていないけれど、堀切は見応えありました。
余り知れ渡っていない古城を巡るのも、やっぱり面白いモノですね。





関連記事
スポンサーサイト
2016/02/26 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit