08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

真壁のひなまつり  (2016年2月6日)(茨城県桜川市) 

2月6日 公休日

個人的な連休2日目。


毎年2月の中旬辺りから、各地でひなまつり(雛めぐり)と称して
商店街の店先や民家に古い雛人形を飾って町興しのイベントをしたりしています。

茨城県の桜川市真壁(旧・真壁郡真壁町)でも関東地区の先陣を切って
2月4日〜3月3日まで『 真壁のひなまつり 』が開催されています。
今年で14年となるこのイベント。3年ほど前から訪れていますが毎年楽しみにしています。

土曜日だけど、始まってすぐだし、ひなまつり(3月3日)まではまだまだ先だから、空いているだろうと
ダック家を誘って『 真壁のひなまつり 』に行って来ました。


午前10時過ぎに真壁に到着。
無料駐車場の真壁体育館の敷地は車がいっぱい。
駐車場は満車状態でしたが、何とかスペースを見つけて
体育館から徒歩5分の真壁の町へと向かいます。

真壁の町は、戦国時代末期の真壁氏時代に形づくられ、
江戸時代初期の浅野氏時代に完成したといわれています。
枡形と呼ばれる城下町特有の交差点が現存し、
その町割りの中に蔵や門などの歴史的建造物が息づいています。
その蔵や門の99棟が国の登録文化財となっています。
それだけ、古い町並みだという事に
なります。
平成22年には、この真壁地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。


その古い町並みで、『おもてなし』の心をもって
ひな人形を飾り訪れる人を優しく受け入れてくれるのが
真壁のひなまつり なのです。

       20160206真壁のひなまつり01


       20160206真壁のひなまつり02



真壁体育館から歩き、最初にひな人形に出会うのが桜井精肉店。

実は、毎回こちらでコロッケ(50円)を買って
食べながら歩くのが楽しみで、
当然この日も『コロッケ下さい...............』

       20160206真壁のひなまつり03


       20160206真壁のひなまつり04



いつもは、店内に入れないけど、今日はダック家に ちょっぴり びいすけ をお願いして
初めて、桜井精肉店さんのひな人形が見れた(笑)。

       20160206真壁のひなまつり05




それでは、真壁のひなまつりを楽しみましょう。

       20160206真壁のひなまつり06


こんな感じで店先の入口にひな人形が飾られています。

       20160206真壁のひなまつり07





こちらは、村井醸造。

こちらも、いつもは中に入るのを躊躇っていたけど
今日は、ちょっぴり びいすけ を頼めるから気が楽です。

       20160206真壁のひなまつり08

杉玉も色づき、新酒も良い感じになって来たんでしょうか?


びいすけ は、ここまで。

さすがに、この先は犬連れは気が引ける。

       20160206真壁のひなまつり09



村井醸造のひな人形。

       20160206真壁のひなまつり10

立派なひな人形に琴の生演奏付き。
一見の価値アリ。


さらに、ひな人形を見て行きましょう。

       20160206真壁のひなまつり11



老舗の伊勢屋旅館。
こちらのひな人形も立派です。

      20160206真壁のひなまつり12


      20160206真壁のひなまつり13


      20160206真壁のひなまつり14




真壁のひなまつりの楽しみ方の一つは食べ歩き。
あまり行儀の良いことではありませんが
コロッケや焼き立ての煎餅や今川焼き、
これらを頬張りながら、歩くのもオツなモノ。

びいすけ も ささみチップ を食べながら歩く〜?(?)

      20160206真壁のひなまつり15


残念ながら毎年楽しむにしていた煎餅屋さんは今年は営業していない。
今川焼きは目の前で体力注文でごっそり買われて、10分以上待つと言う...............。


そこで登場したのが、こちら。

      20160206真壁のひなまつり16

この干し芋が柔らかくて、超ウマイ。

びいすけ も食べるぅ?
( 食べない訳がない!! )(笑)

      20160206真壁のひなまつり17

騙されたと思って小袋(300円)にしたけど
大袋(500円)にすれば良かったなぁ。



片手に びいすけ のリード。
もう一方の方に干し芋の入っ食べないビニール袋を下げて
ひなまつり(ひな人形巡り)を堪能します。

      20160206真壁のひなまつり18


      20160206真壁のひなまつり19


      20160206真壁のひなまつり20


      20160206真壁のひなまつり21


      20160206真壁のひなまつり22


      20160206真壁のひなまつり23




こちらのお店では、ワンコ達に水を戴きました。

      20160206真壁のひなまつり24

人間はと言うと、試食の煮物を食べまくってました(笑)。




小腹も空いて来たので、ここらでお昼。
ドッグカフェなんて気のきいた所は無いので
犬連れでも大丈夫そうなテラス席(露店とも言う)のお蕎麦。

      20160206真壁のひなまつり27



大盛り けんちんソバ(600円也)。

      20160206真壁のひなまつり34

この日は寒かったから、あったかい蕎麦が美味しかったぁ。

この蕎麦を食べたのが西岡家の中庭。
真壁の銘酒 『花の井』の醸造元 西岡本店の分家にあたります。
本家が酒を作っていたのて、分家は味噌・醤油を醸造していたらしい。
今は廃業してしまいましたが、さすがに由緒ある家。
飾ってある ひな人形 も立派です。

      20160206真壁のひなまつり25


      20160206真壁のひなまつり26




あったかいお蕎麦で暖を取り、お腹も満たされたから
再び真壁の町並みを歩きます。

      20160206真壁のひなまつり28


店先のショーウインドーに飾られた ひな人形 を眺めながらの散策です。

      20160206真壁のひなまつり29


      20160206真壁のひなまつり30


      20160206真壁のひなまつり31


      20160206真壁のひなまつり32


考えたら、一緒に来ている ダック がほとんど登場していない。

      20160206真壁のひなまつり33



『 安心して下さい。 ダック もいますから............... 』



ワンコ連れのひなまつり(雛めぐり)。
今年もその季節がやって来ました。

さて、真壁のひなまつり はコレで制覇。
今年はどこの ひなまつり(雛めぐり)に出没しようかな...............?





関連記事
スポンサーサイト
2016/02/18 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit