07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

佐倉城址公園   (2016年1月20日) 

1月20日  公休日

個人的な連休2日目。


カインズホームでの買い物は空振りに終わり、
せっかくだからと立ち寄ったドッグランではすっ転び、
カインズホームをあとにしたものの、気分はイマイチ。

ならばと、立ち寄ったのが...............佐倉城址公園


いつもは、自宅から歩いて行く城址公園。
今日は車での立ち寄りです。
歴博の駐車場に車を停め、いつもとは若干違ったアプローチ。
駐車場のある椎木曲輪から二の丸へと向かいます。


ロングリードを装着して、軽快に先を歩く びいすけ 。

20160120佐倉城址公園01


一応、佐倉城址公園に来たのだから、
看板前でハイ、ポーズ。パチリ☆。

20160120佐倉城址公02



二の丸を通って、本丸へと向かいます。

20160120佐倉城址公03



二の丸も桜の名所。
今年は暖冬だから、桜も早く咲くのかな?

20160120佐倉城址公04



二の丸から眺める本丸の土橋。

20160120佐倉城址公05

いつ見ても、凄い。
やはり空堀が立派だから、土橋も立派に見えてくる。



空堀前にて。

20160120佐倉城址公06



本丸と二の丸を隔てるこの空堀は、深さと言い、幅と言い、
そんじょそこらの城址に引けを取らない。

20160120佐倉城址公07

この空堀を見れば、佐倉城が土の城だったことが解ります。




二の丸から本丸へと小気味良く移動する びいすけ 。

20160120佐倉城址公08



こちらが、本丸。

20160120佐倉城址公09

今日は平日。
誰も居ない。

ロングリードを持つ手もついつい緩んじゃいます。


私の意を汲みしてか?
誰も居ない本丸を走る びいすけ 。

20160120佐倉城址公10


20160120佐倉城址公11



私の元へ戻って来ると、体をプルプル。

20160120佐倉城址公12

準備運動完了?


ならば、再び走れ〜!!

20160120佐倉城址公13


20160120佐倉城址公14


本丸広場の芝生の上を小気味良く走る びいすけ 。

20160120佐倉城址公15


20160120佐倉城址公16



ドッグランと違って、他のワンちゃんの匂いが無いからか?
はたまた、本丸広場の芝生のコンディションが良いからか?
力強いフォームで近寄って来ます。

20160120佐倉城址公17


20160120佐倉城址公18



勢い余ってか?
それとも芝生が気持ちよいのか?

芝生に転がる びいすけ 。

20160120佐倉城址公19



太ももを軽く舐めたあと、立ち上がって再び激走モード。

20160120佐倉城址公20



いゃあ、気持ち良さそうに走るなぁ。

20160120佐倉城址公21


20160120佐倉城址公22


20160120佐倉城址公23

でも、気持ち良く走ってくれるのが一番。




本丸にそびえる 夫婦モッコク の樹。

20160120佐倉城址公24




千葉県の指定文化財(天然記念物)でもあります。

20160120佐倉城址公25



説明看板の他に、こんな立派な石碑も建っています。

20160120佐倉城址公26



夫婦モッコクの隣は天守跡。

20160120佐倉城址公27

明治の廃城令で解体されてしまった佐倉城には
一切建物が残っていないし、復刻される気配も無い。

まぁ、土の城をこよなく愛する私にとっては
中途半端な復刻天守を作るより、今のままの佐倉城址で構わない。
願わくば、木々が生い茂ってよく見えない空堀を整備してくれれば最高なんだけど...............。



土の城の代名詞である、本丸の土塁。

20160120佐倉城址公28


本丸土塁が遊歩道になっているのも趣きがあります。

20160120佐倉城址公29



本丸をあとにして、二の丸から駐車場のある椎木曲輪へと向かいます。

20160120佐倉城址公30




歴博前の馬出し。

20160120佐倉城址公31


この馬出しも見事としか言いようが無い。

20160120佐倉城址公32



いつもは、三の丸から大手門跡へ歩き自宅へと帰るのですが
たまには、車で来て違ったコースの佐倉城址公園の散歩も
ちょっぴり新鮮さを感じて良いモノですね。








関連記事
スポンサーサイト
2016/02/06 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit