09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

習志野七福神①  東福寺 《恵比寿》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日  公休日

ここ数年、毎年元旦だけは公休日になるシフトになってます。
そして、ここ数年は元旦に七福神巡りをしています。
(元旦以外にも七福神巡りはしていますが...............)
やっぱり、新年は七福神巡りから始まるのが
私と びいすけ の恒例となっています。

と言うことで、今年は鴨川市の長狭七福神も考えましたが
明日(1月2日)も24時間勤務の夜勤だから
無理して遠出をせず、近場の七福神巡りをしようと
向かった先は...............習志野七福神巡り。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


習志野七福神、最初に訪れたのは...............

東福寺の恵比寿



東福寺は、真言宗豊山派の寺院であり、
創建年代等は不詳ながら現在の本尊である薬師如来は
天文元年(1532)に、とある老僧が当寺住職の円観上人に託したものだと言われ、
戦国時代には既に創建していたとされています。



こちらが東福寺。

      20160101習志野七福神①東福寺01


逆光でハレーションを起こして、見づらい。

      20160101習志野七福神①東福寺02

やっぱり、安いフィルターじゃ無理があるかな?



寺号標。

      20160101習志野七福神①東福寺03



こちらが、本堂。

      20160101習志野七福神①東福寺04


      20160101習志野七福神①東福寺05



本堂に掲げられた扁額。
山号は『瑠璃山』。

      20160101習志野七福神①東福寺06


駐車場の出入口となっている不老門。
この門をくぐれば、老わないと言うことだろうか?

      20160101習志野七福神①東福寺07


さほど広くない境内。

      20160101習志野七福神①東福寺10


      20160101習志野七福神①東福寺08



その境内の一角に鎮座する『恵比寿』。

      20160101習志野七福神①東福寺11


てっきり、このお堂に『恵比寿』が祀られているのかなと思っていたら
実は違っていた。

      20160101習志野七福神①東福寺12



隣の小さなお堂が『恵比寿』の祀られているお堂。

      20160101習志野七福神①東福寺13


      20160101習志野七福神①東福寺14

お堂の中に『恵比寿』が祀られていると思うけど
流石にお堂を勝手に開けることは出来ないし
見た感じ、小さな像のような感じもするから
七福神に会いに来た〜!って言う感激とか感動とか
そう言った類いの気持ちになれないのは何故だろう...............。








関連記事
スポンサーサイト
2016/01/18 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit