09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

金杖の滝  (2015年10月23日)(千葉県鴨川市) 

10月23日 公休日

この日は鴨川市へ出かけました。


旧・江見小学校をあとにして、次なる廃校を目指し
江見から曽呂方面へと続く県道西江見停車場線を走ります。
1車線の対面通行も厳しい狭い県道にこんな看板が現れました。

      20151023金杖の滝01

『滝』と聞いたら、素通りは出来ません。

すぐさま100mほど上った先の空き地(?)に車を止め
看板の場所まで戻ります。

      20151023金杖の滝02


落差23mって、房総一の滝じゃない?

周りを見渡しますが、それらしい滝は無い。

車も走って来ない静寂な山道(県道)。
普通なら滝か落ちる水の音が聞こえるのですが、それも無い。


ふと、看板の先に目を向けると...............

      20151023金杖の滝03


おそらく、これが『金杖の滝』なんだろう。

      20151023金杖の滝04

残念なことに、滝は枯れて見る姿も無惨です。


少し歩いて(結局は車を停めた場所になりますが...............)取水口を覗いてみます。

      20151023金杖の滝05

上流の川は枯れていて、これじゃあ滝に水は流れて来ない訳が分かりました。



県道上には不動明王の石宮が祀ってあります。
おそらく、この滝にまつわるモノでしょう。

      20151023金杖の滝06

明治18年11月建立の不動明王像。
古い歴史のある滝であるようです。







あとで、この『金杖の滝』について調べてみた。

曽呂の高鶴山のふもとにある農業用堰が、山口堰(別名・畑の堰)であり、
ここから流れ落ちるのが、この『金杖の滝』です。
別名『山口滝』とも言うらしい。
農業用ダムが水脈のため、普段は水量が少なく仕方ないとのことです。
真っ白な飛瀑を見たければ、雨上がりに訪れればいいらしい。

なるほど、隠れた房総の幻の滝と言ったところでしょうか...............?




関連記事
スポンサーサイト
2015/11/13 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit