09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

魚見塚一戦場公園&魚見塚一戦場公園展望台(誓いの丘)  (2015年10月23日)(千葉県鴨川市) 

10月23日 公休日

この日は鴨川市へ出かけました。


鴨川松島をあとにして向かった先は...............魚見台一戦場公園


魚見塚一戦場公園は、南房総の恵まれた自然を生かして作られた公園です。
その昔、石橋山合戦で敗れた源頼朝が安房に逃れて来た際に、
この場所で地元の豪族との戦いに勝って天下取りの足掛かりを作ったという歴史の残る場所です。

また、この場所は、かつて漁師たちが沖合いにくる魚の群れを見張っていたことから
「魚見塚(うおみづか)」と言われています。

魚見塚展望台は、魚見塚一戦場公園内にあり、
女神像「暁風」をシンボルとして、
嶺岡山系東端の海抜約110m地点に位置し、
前原海岸や鴨川松島、仁右衛門島など三方に開けており、
どこまでも続く大海原や鴨川の街並みが一望でき、
水平線から昇る朝日や夕暮れ時、夜景の美しさはまさに絶景だそうです。




こちらが、魚見塚一戦場公園の入口。

      20151023魚見塚一戦場公園17

桜並木が続き、春には桜の名所になっていそう。



広い芝生広場。

      20151023魚見塚一戦場公園16


芝生の片隅には、桜の樹と国旗掲揚ポール。

      20151023魚見塚一戦場公園18


そして、公園のビジターハウス(売店)。

      20151023魚見塚一戦場公園19

何となく、廃校跡地のように見えてしまうのは気のせい?(笑)



かつて、この辺りは嶺岡牧と言って江戸時代に幕府によって安房国におかれた牧。
元々、嶺岡山地は古くから馬の放牧が行われていました。
峯岡牧も戦国時代に里見氏が行っていたとされ、館山藩の改易後に幕府がこれを引き継いで
峯岡厩を設置して馬の育成にあたったとのことです。

その嶺岡牧の遺構が売店裏に土手として残っているらしい。

      20151023魚見塚一戦場公園20




昔の牧場跡よりも現在の芝生広場が びいすけ はお気に入り。



まずは、芝生の匂いの確認。

      20151023魚見塚一戦場公園22



クンクンクンと飽きるほど匂いを嗅いで...............

      20151023魚見塚一戦場公園23



そして、いきなりのゴロ〜ん。

      20151023魚見塚一戦場公園24



ウゲッ! ウゲッ! と奇声を発して、背中を芝生に擦り付けます。

      20151023魚見塚一戦場公園25


      20151023魚見塚一戦場公園26




そして、起き上がったかと思ったら
今度は身体をブルブルブル。

      20151023魚見塚一戦場公園27



そして、芝生に腹ばい。

      20151023魚見塚一戦場公園28


ご機嫌ですなぁ(笑)。




こんな胸像も小学校にあったりしたから
やっぱり、この公園は廃校跡に見えちゃうんだけどなぁ(笑)。

      20151023魚見塚一戦場公園21

『遠心』って中心から遠ざかることの意味なんだけど
イマイチ、この胸像の意味が理解できない。


でも、 びいすけ が嬉しそうなのか、楽しそうな顔をしているから
細かい事は忘れましょう。

      20151023魚見塚一戦場公園29


      20151023魚見塚一戦場公園30





公園からはちょっぴり離れていて徒歩5分程度の所に展望台があります。




展望台に足を向けてみましょう。

      20151023魚見塚一戦場公園01



展望台と言うからには、上り坂があるのは仕方ない.頑張って上りましょう。

      20151023魚見塚一戦場公園02


さらに上りは続きます。

      20151023魚見塚一戦場公園03



間も無く、展望台が視界に入って来ます。

      20151023魚見塚一戦場公園04



この展望台は眺望もさることながら、『誓いの丘』と呼ばれカップルの聖地のようです。

      20151023魚見塚一戦場公園05



魚見塚展望台では、女神像「暁風」の前で、恋人同士が誓いをたて、
その証しとして、鍵をかけていくと
「幸せが未来へ続く」と言われ愛が成就すると伝えられていることから、
「誓いの丘」とも呼ばれているらしい。

      20151023魚見塚一戦場公園06


う〜む、ここもそうなのか!

最近、こう言った恋人の聖地とでも言うか、
やたらに鍵を掛けて行く(行かせる)スポットが増えたような気がします。
まぁ、鐘が無いだけ良しとしよう。





こちらは、地元出身の彫刻家、長谷川昴氏作の女神像「暁風」

      20151023魚見塚一戦場公園07


展望台は景色を展望するから展望台と呼ぶ訳でして...............

こちらが、展望台からの眺望。


360°視界が拓けているから、とにかく眺望は素晴らしい。



先ほど訪れた鴨川松島も眼下に望めます。

      20151023魚見塚一戦場公園08


      20151023魚見塚一戦場公園09


      20151023魚見塚一戦場公園10


      20151023魚見塚一戦場公園11


      20151023魚見塚一戦場公園12




頭上を飛び交う鳶。

      20151023魚見塚一戦場公園13


大きな弧を描いて旋回しているかと思えば、
風に乗って滑らかに飛んでいく。

      20151023魚見塚一戦場公園14



あ〜、長閑な瞬間。
心が落ち着きます。

しかし、なぜかこの日は小学生の遠足(社会科見学?)で
この展望台もガヤガヤと賑やかすぎる。

本当はもっとゆっくりと景色を眺めてボォっとしていたかったんだけど、
賑々しい声を避けるようにして、この場をあとにするのでありました...............。





関連記事
スポンサーサイト
2015/11/10 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit