07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

手賀城址  (2015年9月21日)(茨城県行方市) 

9月21日 公休日

この日は茨城県の行方市へ出かけました。

稲荷館跡をあとにして向かった先は............手賀城址


手賀城は、常陸大掾氏系の玉造氏初代幹政の次子正家が手賀を領し
手賀氏を称したとされています。
ただ、手賀城の築城時期については不明とされ、周辺の行方一族と同様に
天正十九年(1591)二月、佐竹氏の居城である太田城にて城主・手賀高幹は謀殺され
手賀氏は滅亡し、手賀城も廃城になったとされています。




こちらが手賀城の縄張り図

      行方手賀城縄張り図

         (  余胡くんのお城のページ  よりお借りしました  )




実は、手賀城址も辿り着くまでにかなりの時間がかかってしまいました。



R355に並行して旧市街地を走る県道183号線を走り養徳寺を目指します。
養徳寺の手前でこんな標識を見かけたので、先に進みます。

      20150921手賀城址01


すると今度は、こんな標識。

      20150921手賀城址02

どうやら、来過ぎたようでUターン。

結局、この二枚の標識以外は目印らしきモノが無く
周辺を車でひたすら徘徊。
結局解らず、ちょうどお孫さんを連れて虫捕り網を持って
虫捕りに出ていたご老人に尋ねたら、なんのことはない。
目の前の山(台地)が手賀城址でした。

      20150921手賀城址03


台地を車で大回りにぐるっと回ってみましたが
それらしい入り口がない。
仕方ないので、先ほどのご老人を探し(お孫さんと虫捕りをしていました)
再び尋ねてら、『牛小屋の先に山に入って行く道があるから、
それを進めばいい』と教えてもらいました。


車を路肩の草むらに停めて攻城開始です。

      20150921手賀城址04


かつての登城口か?
はたまた、近年になってからの農道なのかは不明ですが
それらしい雰囲気はあります。

      20150921手賀城址05


どうやら、この奥が手賀城址へと導いてくれる道のようです。

      20150921手賀城址06


さらに進めば、やがて半径10mほどの広場。
そして、そこは粗大ゴミ置場?
空きカンも大量に捨てられています。

      20150921手賀城址07


さらにその奥は竹藪。

      20150921手賀城址08

竹藪の奥に掘りらしきモノが見えるのですが
潔くよく撤収。
先ほどの農道(?)に戻ります。


再び、農道を進むと、竹藪に入って行く小径を発見。
小径を進軍しますが、すぐさま竹藪が行く手を遮ります。

      20150921手賀城址09


      20150921手賀城址10

10mほど竹藪を進みますが、蜘蛛の巣がやたらと頭にくっ付き
これ以上の進軍は断念。


一度、農道を下り台地を下山。
今度は反対側、谷津側からの進入口を探します。

何とか見つけた進入口。
こちらも以前耕作地化した時に作られたものなのか?
今では人の往来もないようで、やはり蜘蛛の巣がやたらと頭に当たります。

蜘蛛の巣を避けながら進んでいくと、ちょっとした削平地。
おそらく以前は畑か何かの耕作地だったのでしょう。

      20150921手賀城址11



さらに先に進んでみると、竹藪となり行く手を遮ります。

      20150921手賀城址12


      20150921手賀城址14


結局、竹藪の先への進軍は諦め、潔く撤収することに相成りました。


重ね重ね残念ではありますが、これも致し方ないこと。

訪城記念に一枚写真をパチリ☆。

      20150921手賀城址13



自宅に帰ってから、手賀城址のことを色々と調べたら
やはり、多くの人が竹藪で断念しているようです。

そして、最初に断念した粗大ゴミ置場の先の竹藪に
見事な三重の空堀があるらしい。

やっぱり残念でした...............。




関連記事
スポンサーサイト
2015/09/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit