07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

手作りに挑戦.............リード編    (2015年7月29日) 

7月29日 公休日

この日は、全国的に猛暑予報日。
こんな日は出かけることはやめにして、何か一つ、形になるモノを作ろう。

そんな訳で、革製のリードを手作りしてみました。

足りない材料を調達しに印西市のジョイフル本田まで買い出し。
ジョイフル本田から戻ると、すぐさま準備にかかります。

今回の主役。
15mm幅の黒いレーステープ。

      20150729革リード作り02


そして、ジョイフルで調達した材料と工具。

左から、
犬用鉄砲ナスカン
ジャンバーボタン小用 ポンチ(打ち具)
ジャンバーボタン(小)

      20150729革リード作り01



恒例の材料と工具類を並べて、足りないモノの再確認。

      20150729革リード作り03


大丈夫ですね。
(って、実は穴開けペンチを出していない。)


まずは、リードの首輪の取り付け部の加工。
犬用鉄砲ナスカンの取り付けです。

今回は安全を考えて、3ヶ所のカシメとします。

      20150729革リード作り06


カシメ作業も場数をこなせば慣れてきます。

      20150729革リード作り07



3ヶ所目のカシメに入ります。

      20150729革リード作り08



カシメも完了。
片側の完成です。

      20150729革リード作り09



今回、リードの持ち手に工夫をして
持ち手の輪っかの固定にジャンバーボタンを使うことにしました。
ジョイフルでもらったレザークラフトの金具取り付け編と言うパンフレットを参考に
ジャンバーボタンの取り付けにチャレンジしてみます。

      20150729革リード作り05


      20150729革リード作り04




このジャンバーボタンは、凸凹の組み合わせ。
そして、凸で2つのパーツを組み合わせてカシメ、
凹でも2つのパーツを組み合わせてカシメると言うモノ

      20150729革リード作り10


打ち具は共通ですが、ベース(金属台)を使い分けていきます。

凸をカシメる時は、ベースは平らな方を使用します。

      20150729革リード作り11



凸の取り付け完了。

      20150729革リード作り12



続いて、凹の取り付けです。

凹のオモテ面はジャンバーのボタンにあたるので
サイズに合わせた型に嵌めて打ち込んでカシメます。

      20150729革リード作り13



凹の取り付けも完了。
凸凹を合わせて、ボタン機能を確認して問題なし。

      20150729革リード作り14



持ち手になる部分だから、安全性を考えて、ボタンは2ヶ所とします。

      20150729革リード作り15



2ヶ所目のボタンも凹を残すのみ。

      20150729革リード作り16



ジャンバーボタンの取り付けも完了。

      20150729革リード作り17



これで、革製リードも完成です。

      20150729革リード作り18



持ち手の部分もワンタッチで留めたり、離したり。

      20150729革リード作り19


散歩の途中でちょっと固定する時に便利なはず。


さぁ、新しいリードで何処に行こうか?

とりあえず、普段の散歩は今までのリードを使うことにして、
こちらは、よそ行きのリードとして使うことにいたしましょう。





関連記事
スポンサーサイト
2015/08/12 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit