09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

三舟山陣場跡  (2015年5月4日)(千葉県君津市) 

5月4日 公休日

この日は君津市の城址巡りに出かけました。

常代城址をあとにして、向かった先は.................三舟山陣場跡


第2次国府台合戦において里見氏は北条氏によって大敗を喫しました。
このため、北条氏は里見義弘の上総北部・西部の里見領を悉く占領し、
東部においては里見氏の重臣であった正木時忠・土岐為頼を帰順させました。
更には里見義弘の居城である佐貫城を奪うべく、
三船山(現在の呼称は三舟山)の山麓にある三船台の地に砦を築き、
北条家当主の氏政自らが総督した。
里見義弘は三船台の砦ができた場合、南に1里しか離れていない佐貫城が危機に晒されると考えて
三船台に駐屯する北条軍を攻撃しました。

これを知った北条氏政は太田氏資らとともに江戸湾を渡海して佐貫城攻撃に向かい、
一方弟の北条氏照は原胤貞とともに別働隊を率いて市原郡方面から小櫃川沿いを遡って、
義弘の父・里見義堯の居城である久留里城の攻撃に向かわせました。

これに対して義弘は正木憲時とともに佐貫城を出撃して、
三船台に集結した氏政の軍を攻撃しました。
戦いは激闘となり、里見軍が北条軍を破りました。
この時、殿を務めた太田氏資が戦死し、また北条・里見の両水軍の間でも激しい戦いが行われ、
勢いに乗じた里見軍が北条軍を追撃する姿勢を見せたために、
水陸から挟撃されることを恐れた北条軍は全軍を相模国に撤退させました。

これが、世に言う北条・里見の三船山合戦であります。

この合戦の際に北条軍が陣を築いたのが三舟山陣場(三舟山砦)です。





こちらが三舟山陣場の縄張り図

      三舟山陣場縄張り図

     ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )




三舟山の山麓にある駐車場に車を停めて、北条氏の陣跡である三舟山にいざ参らん!

      20150504三船山陣場03


駐車場にあった三舟山の案内板。

      20150504三船山陣場01

どうやら、ハイキングコースになっているようです。


駐車場から、陣跡経由でぐるっと廻って約45分のコースのようです。

      20150504三船山陣場02




こちらが登城ロ。

      20150504三船山陣場04


ハイキングコースの始点でもあります。

      20150504三船山陣場05


しばらく上り坂が続きます。

そして、こんな看板が現れます。

      20150504三船山陣場06

どうやら、NHKの大河ドラマ『八重の桜』のロケ地だったようです。

主演の 綾瀬はるか は、好きな女優ですが、このドラマは観ていませんでした。
いつか、DVDでも借りて観てみようかな?


      20150504三船山陣場07


      20150504三船山陣場08



さらに、上り坂は続きます。

      20150504三船山陣場09


そして、三叉路。
左に行けば、展望台。
右に行けば、陣場跡。

当然右に進路を取ります。

      20150504三船山陣場10




その先には、また『八重の桜』の撮影ポイント。

      20150504三船山陣場11


      20150504三船山陣場12



木立に囲まれた道を歩き...............

      20150504三船山陣場13



いきなり、視界が広がった平地が『三舟山陣場』。

      20150504三船山陣場14


かなり汚れている説明板。

      20150504三船山陣場15



その隣に建つ標柱。

      20150504三船山陣場16



実は、この標柱は君津市が選定した『21世紀への継承遺産』

      20150504三船山陣場18


この『21世紀への継承遺産』の標柱は、
君津市内の史跡、景勝地などに建てられていて
その数は、31あるらしい。
君津市役所のHPには『20世紀遺産』として、
その31ヶ所が掲載されています。



何もない、陣場跡。

      20150504三船山陣場19


      20150504三船山陣場17


     
びいすけ が居る辺りに、北条軍の兵士が戦に備えて待機していたのだろうか?

      20150504三船山陣場20



この辺りには野生の猪が居るようで、
陣場の隅に捕獲罠が仕掛けられていました。

      20150504三船山陣場21



遺構らしい遺構もない陣場跡から散策路(ハイキングコース)を更に進みます。

      20150504三船山陣場22



三舟山の山頂辺りは桜の明所。(通称、お花見広場)
多くのソメイヨシノが咲き誇る春には、花見客がいっぱいらしい。

この時期は完全な葉桜状態。

      20150504三船山陣場23




展望台に向かう途中にある塚。

      20150504三船山陣場24



さらに、別な塚。

      20150504三船山陣場25


都合、3つの塚があります。
これも陣場の何かの名残りなのだろうか?

      20150504三船山陣場26



こちらが、展望台。

      20150504三船山陣場27



せっかくだから、上ってみましょう。

      20150504三船山陣場31



展望台からの眺望。

      20150504三船山陣場29



眼下には、車を停めた駐車場が見えます。


      20150504三船山陣場28



      

展望台脇の視界の広がった場所も『八重の桜』の撮影ポイント。
     
      20150504三船山陣場32


      20150504三船山陣場33



さあ、一気に下山しましょう。

展望台から先の下山コースを歩きます。


こちらが、お花見広場。

      20150504三船山陣場34

確かに、桜の木が多いが、完全な葉桜。



こちらの道が本来の三舟山陣場への登城路なのか?
細い山道で、それなりの雰囲気があります。

野生の動物でも居るのか?
やたらと茂みが気になる びいすけ 。

      20150504三船山陣場35


どことなく、笑顔のようで................

      20150504三船山陣場36


      20150504三船山陣場37


どうやら、 びいすけ には、この三舟山を歩くのは合っていると言うか、
この三舟山が気に入ってくれたようです。

来年の桜の時期に、また訪れようかな...............?



関連記事
スポンサーサイト
2015/05/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit