09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

常代城址   (2015年5月4日)(千葉県君津市) 

5月4日 公休日

この日は、君津市へ出かけました。

三直城址をあとにして、向かった先は...............常代城址



君津市常代にある常代神社の南隣の台地が常代城址と言うことですが、
常代城の歴史に付いては全く不明であり、
一部では地元豪族の居館として利用されていたが、
戦国時代になり里見氏の勢力化の中で支配され、
改修されていった城郭ではないか?と言う説もあるようです。



まずは、常代神社を目指します。

しかし、この常代神社がなかなか見つからない。
周辺を車であっちに行ったり、こっちに行ったりと
近くに来ているのに、30分近くも車で周辺を徘徊してしまいました。



こちらが常代城の縄張り図。

      常代城址縄張り図

( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )


そして、こちらが常代神社。

      20150504常代城址01


      20150504常代城址02


神社そのものもちょっとし高台となっていて
拝殿裏には、腰曲輪があったり、大堀切があります。

      20150504常代城址03



鳥居脇から大堀切へと続く登城路(?)

      20150504常代城址04


大堀切には竹が鬱蒼と茂り、こちらも竹藪状態の城址です。

      20150504常代城址05



どうやら、筍泥棒の防止でしょうか?
大堀切には柵が設けられ、中には入れません。

      20150504常代城址06



さらに奥へと続く道は、やがて藪の中へ...............

      20150504常代城址07

さすがに藪の中を進軍する勇気も気力もありません。


どうにか台地に上がるルートを探し、常代城の攻略を続けます。

      20150504常代城址08


こちらは主郭手前の腰曲輪。

      20150504常代城址09


      20150504常代城址10



そして、こちらが主郭。
主郭の周りを高さ5mほどの土塁が取り巻いていますが
写真じゃ分かりづらいかな?

      20150504常代城址11


主郭も完全な竹藪。
ただ、筍畑(?)として活用しているようで
それなりに手入れされているようです。


      20150504常代城址13



土塁によじ登って、主郭を見下ろしてみます。

      20150504常代城址14



土塁上にて。
土塁の上に居ると言うよりは、尾根に立っているって言う感じです。

      20150504常代城址15



こちらが主郭虎口。

      20150504常代城址16



本当はもっとじっくり見学していたかったのですが
何せ許可を戴いた訳ではないので、筍泥棒に勘違いされるのも何だし、
早々に鉄舟することに..............................。

      20150504常代城址17



竹藪を抜けると、常代神社の隣の民家の庭先に出るようですが
もう一度、大堀切の方へ戻ります。

      20150504常代城址18


      20150504常代城址19


常代神社に戻り、鳥居脇から民家の庭先をながめてみます。

こちらが、本来の登城口、登城路

      20150504常代城址20

見た感じ、虎口の様に見える
こちらは完全にフェンスの奥だから入って行けない。



せっかくだから、常代神社も参拝していきましょう


城塁の様にも見える常代神社の土塁。

      20150504常代城址21


鳥居をくぐり、石段を上がった先は拝殿

      20150504常代城址25


      20150504常代城址22

      20150504常代城址24


拝殿に掲げられた扁額(神額)

      20150504常代城址23



城郭ファンのブログを拝見させていただくと
先ほどの竹薮に入れなくて、この神社で断念された方も多いようです。
この辺りが城郭巡りの難しいところでもあるようです。





関連記事
スポンサーサイト
2015/05/17 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit