07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

手作りに挑戦............犬服作りにチャレンジ その9  (2015年4月26日) 

4月26日  公休日

最近ハマっている犬服作り
リメイク中心にカタカタカタとミシンにチャレンジしていますが
犬服作りの師と仰ぐ(?)ダックの飼い主の豆ミルクさんから
ロックミシンにチャレンジしませんか?と誘われて
ロックミシンなるものに初めてチャレンジすることになりました。


今回は、さらの生地からの犬服作り

そして、これから迎える夏に向けて、タンクトップにチャレンジです。



以前、頂いたタンクトップの型紙が びいすけ には今一つ合っていないので
市販のタンクトップから型紙を作成します。
型紙の作り方、諸々を教わりながら
タンクトップ作りの開始です。

ベースになるのは、こちら。

      20150426犬服作り01


クリアファイルを上から合わせて、型を取ります。

      20150426犬服作り02

ここまでは、全く同じ。

クリアファイルの上にトレーシングペーパーを置き
トレーシングペーパーだ型を取ります。

      20150426犬服作り03


こうやって、前身頃、後ろ身頃の型紙完成。

      20150426犬服作り04

この時点では何故トレーシングペーパーに転記して型紙を作るのか?
その意図、意味がわかりませんでした。



生地の上からマチ針でトレーシングペーパーの型紙を固定します。

      20150426犬服作り05

今回の型紙は半身。
輪と言うらしいが、生地を折り曲げた状態で型取り、裁断。
左右対称だからこの方法が良いらしい。

今回は迷彩柄の生地でチャレンジです。


チャコ(チョーク)で縫い代を考慮して採寸します。

      20150426犬服作り06

縫い代は1cm。
しっかりと定規で測って採寸します。

ここが、やっぱり違う。
今までの私の採寸は縫い代も、ほぼ目分量。
(どうせまっすぐ縫えないし...............)




ここでミシンの登場。

ダック家に持ち込んだMy ミシン。

      20150426犬服作り07



そして、こちらが羨望のロックミシン。

      20150426犬服作り08

私のミシンが3台買える高級品。


さすがに、いきなりお借りしても使い方がわかりません。


豆ミルクさんが、慣れた手つきで前身頃と後ろ身頃をロック掛け。
要はミシン掛けしてもらっちゃいました。


続いて、襟口、袖口、裾のリブ作り。

今までは、リメイクと称してリブをそのまま流用するか
リブは用いず、生地を折り返して縫い付けると言う手抜きをしていました。

襟口、袖口、裾の寸法を実測して、
その寸法の90%の長さをリブの寸法にします。
リブの折り返しを考慮して、幅は5cmで裁断します。

      20150426犬服作り12

リブのパーツ作り

ちなみに、
襟口は 36Cm  リブは34cmに仕上げます
袖口は 15.5cm リブは14cmに仕上げます
裾は   35cm  リブは32.5cmに仕上げます
と言った感じです


さらに、ここでも豆ミルクさんに甘えちゃいます。
リブもロックミシンに掛けてもらっちゃいました。

      20150426犬服作り11

リブのズレを防止するために、
洗濯バサミを使うと言う裏技まで見せてもらっちゃいました。



一方、私はと言えば、襟口のリブのロック部に
ほつれ防止の直線縫い。

      20150426犬服作り09


襟口のリブが弧を描いているから、直線縫いも難しい。

      20150426犬服作り10


悪戦苦闘しながら、何とか縫い終え、これで完成。

      20150426犬服作り17

やっぱり、リブをしっかり仕上げると違って見える。

手前味噌になるけれど、個人的な感想を言えば、高級感が有る(笑)。

      20150426犬服作り18


      20150426犬服作り19



自宅に戻って、改めて試着。

      20150426犬服作り13

う〜ん、なかなか良いんでないかい?

      20150426犬服作り14


      20150426犬服作り15


      20150426犬服作り16


今回は、ほとんど豆ミルクさんの監修で
ロックミシン掛けもやってもらちゃったし...............

自作感が無いと言ってしまえば、それまでだけど
とりあえず、参考になる見本は出来上がりました。

まぁ、はっきり言っちゃえば、作ってもらったと言ったほうが正解かな?(笑)

いつもは、自作の型紙もどきを使って、一枚モノで裁断しちゃうし
その時に余裕をもたせて、鉛筆舐め舐めで適度な採寸で裁断しちゃうから
仕上げで苦労しちゃうのかな?

やっぱり、採寸も適当じゃダメって言うことなのね(笑)。

でも、性格もちょっぴり適当だから、採寸、裁断もちょっぴり適当が
私にはお似合いなのかもしれない..............................













関連記事
スポンサーサイト
2015/05/12 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit