FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

根戸城址  (2015年2月12日)(千葉県我孫子市) 

2月12日 公休日

この日は、我孫子市に出かけていました。

根戸船戸緑地公園をあとにして、向かった先は..............根戸城址


根戸城は歴史上不明な点が多いようです。
鎌倉時代後期の正応3年(1290)頃に
相馬胤村の三男胤光が根戸氏を称したことから
胤光の居城が根戸城であったのではないかとする説もあれば、

室町時代後期の文明9年(1478)に酒井根で千葉氏を破った太田道灌が
根戸城を陣城として取り立てたという説があって、
どちらも確証は得られていないようです。
 
戦国時代の根戸城は匝瑳氏あるいは高城氏の持ち城の一つであったと考えられ、
小田原北条氏の支配下に組み入れられており北条氏尭が布川城の豊島氏と戦った時に
根戸城が使用されたという伝承も残されているようです。



こちらが、根戸城の縄張り図。

      根戸城址縄張り図

          ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )



根戸城址遠景。

      20150212根戸城址01


台地下部の擁壁工事の施された壁面に掲げられた説明看板。

      20150212根戸城址02



こちらが登城口。

      20150212根戸城址03

民家脇の狭い道を上って行きます。


台地に上りきれば、やがて左側に竪堀が現れます。

      20150212根戸城址04


そのまま、まっすぐ進めば台地上部に出ます。

こちらが、台地上部の登城口。

      20150212根戸城址05



先ほどの竪堀の直ぐ近くから森の中へと進軍します。

こちらが三郭の土壇。

      20150212根戸城址06

どうやら、この土壇は金塚古墳のようです。



この古墳の先から根戸城址の遺構が現れます。


二郭の空堀。

      20150212根戸城址07



二郭の虎口と土橋。

      20150212根戸城址27


空堀に降りてみると、それなりにしっかりと残っているのがわかります。

      20150212根戸城址08


      20150212根戸城址10



二郭虎口。

      20150212根戸城址09      


      20150212根戸城址11


二郭虎口の土塁。

      20150212根戸城址12



二郭内部。

適度に下草は生えているけれど、
それなりに管理されているみたいです。

      20150212根戸城址13



こちらが、主郭の空堀。

二郭の空堀よりその形態ははっきりとしています。

      20150212根戸城址14


横矢が掛かっている空堀。

      20150212根戸城址15



主郭虎口と土橋。

      20150212根戸城址16




主郭の空堀は、それなりの深さもあり、その形態を残しています。

      20150212根戸城址17



こちらが、主郭虎口。

      20150212根戸城址18



方形に近い主郭の周りを土塁がぐるっと張り巡らされています。

      20150212根戸城址19


土塁の高さは2〜3mと言ったところでしょうか。

      20150212根戸城址20



主郭内部から見た土塁。

      20150212根戸城址21


主郭内部から見た虎口。

      20150212根戸城址22


もう一つの虎口。

      20150212根戸城址23

こちらには手摺もあって、台地下部の地主さんが出入りするために
後世に改変されたものか?



土塁の上から手賀沼も眺めることができる。

      20150212根戸城址24


方形の主郭をぐるっと空堀が巡っていて
空堀に降りて主郭を一回りしてみます。


この主郭の空堀が根戸城址の一番の見所かも知れない。

      20150212根戸城址25


      20150212根戸城址26


 
あまり期待していなかった根戸城址ですが
かなり遺構は残っていて、見応えもありました。

城址のある台地下部脇を走り抜ける道路は
『根戸城址通り』と名付けられています。

現在、ボーイスカウトの野営施設として利用されているようですが
三郭には古墳も残っていることだし、我孫子市が地主さんから借り上げるなどして
歴史公園か何かで、整備して後世に残してくれれば良いのになぁ..............。 



関連記事
スポンサーサイト



2015/03/16 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit