09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

木崎城址  (2015年2月11日)(茨城県行方市) 

2月11日 公休日

この日は、茨城県の行方市へ出かけていました。

内宿館跡をあとにして、向かった先は..............木崎城址





木崎城は、
行方台地の東部に位置し、武田川の右側の標高12メートルから13メートルの
舌状に張り出した台地上に構築された連郭式の平丘城です。

全体の構造は、舌状台地の先端部に一の曲輪と東の曲輪、
中央部に二の曲輪、基部に三の曲輪と馬出部、そして西の平地に四の曲輪を配しています。

甲斐の武田氏の一族、武田信久の子孫8代武田民部大輔通信が
天文2年(1533年)に築城したと伝えられます。
その後、その子淡路守信房が佐竹氏によって謀殺され、
その後、慶長7年(1602年)佐竹氏が出羽国に転封されたときに廃城となっています。

築城完成とともに城内に守護神として香取神社を建立しました。祭神は、経津主命(ふつぬしのみこと)。

( 行方市HPより抜粋 )




こちらが、木崎城の縄張り図。



     木崎城縄張り図

           ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )




香取神社のある辺りが主郭と聞いていたので、
香取神社を目指します。


こちらが、香取神社。

      20150211木崎城址01


確かに鳥居脇の土塁の前に、説明看板が建っています。

      20150211木崎城址02



香取神社本殿に向かって右側の空堀。
手前は、かなり埋まって浅くなっています。

      20150211木崎城址03

空堀の右側の土塁の奥が二郭となります。


こちらが、その二郭。

      20150211木崎城址04

完全な竹藪状態で行く手を遮ります。

仕方がないので、二郭への進軍は諦め、主郭へ戻ります。

目の前には土塁。

      20150211木崎城址05


土塁を超え空堀に降り、空堀に立ってみます。

      20150211木崎城址06

香取神社入口側は浅い空堀も奥の方へ進めば深さも増してきます。



主郭のある香取神社本殿裏から眺める空堀。

      20150211木崎城址07



再び、空堀に降り立ち、土塁上の びいすけ を見てみます。

      20150211木崎城址08


      20150211木崎城址09


      20150211木崎城址10



こんな感じで、主郭の香取神社本殿をぐるっと空堀が一周するように張り巡らされています。

      20150211木崎城址11


      20150211木崎城址12


      20150211木崎城址13




こちらは、三郭。
畑と工場になっています。

      20150211木崎城址14

三郭の背後の森の奥が五郭となるらしい。


実は、この木崎城址の主郭の空堀が最たる見所だと思い、
三郭から主郭の遠景写真を撮りに行った時に
たまたま工場で働いているオバさんが、道を掃き掃除していたので
軽く『こんにちわ〜! この辺りは昔の城跡なんですね〜』って、挨拶したら

(首からカメラをぶら下げて、犬を連れている..............
どう見たって怪しく見られる。だったら先に挨拶しちゃえ!)

『こっちに堀跡があるよ!
社長の土地だから入っていいよ!』と言われました。

『えっ! こっちにも空堀があるの?』


半信半疑で覗いてみると、驚きました。

見事な空堀です。

      20150211木崎城址15

土橋に上がる階段も設けられています。

      20150211木崎城址16


久々に立派な空堀を見た気がします。

      20150211木崎城址19



土橋も整備されていて、土地の所有者がしっかりと管理しているのが
ひしひしと伝わって来ます。

      20150211木崎城址20




土橋を渡って五郭へと進軍してみます。

      20150211木崎城址21


五郭も竹林ですが、適度に竹を伐採していて二郭とは大違い。

      20150211木崎城址22


竹藪ではあるけれど、竹が行くてを阻まない。
って言うか、楽々竹を避けて歩いて行ける。
(これって、竹藪の中ではとっても重要。)

      20150211木崎城址23


土塁の上部の竹を伐採してあるので、土塁に沿って五郭は進めます。

      20150211木崎城址24



五郭から土橋を眺めてみます。

      20150211木崎城址25


そして、先ほどとは反対側の空堀に降りてみます。

こちらは、さらに見事。

      20150211木崎城址26



横矢もしっかり掛かっているし............................

見事と言うしがない。

      20150211木崎城址27

よくぞ、此処までの状態でこの時代に残してくれた!
思わず拍手を送りたい。


感動の空堀に架かる土橋の前でパチリ☆。

      20150211木崎城址28



木崎城址遠景。
って言うか、主郭遠景。

      20150211木崎城址29



香取神社の本殿をぐるっと取り巻く空堀も見応えあったけれど
五郭の空堀を見たら、木崎城址の価値観が変わってしまいました。

久しぶりにいいモノを見せてもらった..............
そんな思いでいっぱいです。









関連記事
スポンサーサイト
2015/03/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit