09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

内宿館跡  (2015年2月11日)(茨城県行方市) 

2月11日 公休日

この日は、茨城県の行方市へ出かけていました。

小貫小学校跡地をあとにして、向かった先は..............内宿館跡


内宿館は、
築城時期、館主等の詳細は不明ですが、この付近は武田氏の領地であり、
武田川を挟んで目と鼻の先に、武田氏の本拠である木崎城があることから、
武田氏の一族、あるいは有力家臣の館であったようです。

主郭にあたる部分は、現在、自性寺と言う寺院の敷地になっています。
その周囲に横堀を巡らせ、その西側に二郭を置いた二郭構造の城郭であったようです。

自性寺は17世紀の半ば頃に建立されたようです。
従って、内宿館は木崎城などと同様、
16世紀末ぐらいの築城ともされています。



こちらが内宿館の縄張り図

      内宿館縄張り図


          ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )





自性寺のある台地一帯が内宿館跡と言う事で
自性寺を目指します。

この辺りは、自性寺自然環境保全地域としても管理されているようです。

      20150211内宿館跡01



城塁の間の登城路(?)

      20150211内宿館跡02


その先は虎口のように見えなくもない。

      20150211内宿館跡03


二郭の土塁。

      20150211内宿館跡04

土塁の先は、かつての二郭跡。
現在は墓地になっているが、昭和35年まで武田小学校があっらしい。




こちらが大手にあたる切通し。
本来の登城路になるのでしょう。

      20150211内宿館跡08

その手前には、空堀があり土橋もあります。



切通し手前の大きな木の傍に、標柱が朽ちて倒れていました。

      20150211内宿館跡11

旧・北浦町の教育委員会が建てたモノのようです。


せっかくだから、そっと木に立て掛けておきます。

      20150211内宿館跡09


ついでに、 びいすけ ともパチリ☆。

      20150211内宿館跡10

この内宿館跡は、北浦町時代には指定文化財だったようですが
合併して行方市匂いなった際に、行方市の指定文化財には指定されなかったようです。




     
二郭。
かなり広く、まるで芝生広場のようです。

      20150211内宿館跡12



かつての堀跡

      20150211内宿館跡13

かなり埋められてしまっています。
一説によれば、武田小学校の時に埋められたらしい。



こちらが主郭虎口。

      20150211内宿館跡05


見事な土塁。

      20150211内宿館跡06



おそらく、高さは5〜6mはあるでしょう。

      20150211内宿館跡07



この奥が自性寺。

      20150211内宿館跡14

石造りの山門をくぐります。

境内から虎口を振り返って見ます。

      20150211内宿館跡27



主郭内部(自性寺境内)の土塁。

      20150211内宿館跡15



主郭虎口の土塁と比べると高さはなく、規模も小さい。

      20150211内宿館跡16



内宿館跡は、行方市の指定文化財となっていないが
境内にあるカヤの木は天然記念物として指定されています。

      20150211内宿館跡17



こちらが、自性寺の山門。

こちらは、搦め手口になるのだろうか?

      20150211内宿館跡18



山門の両脇の土塁も高さが3mほどある。

      20150211内宿館跡19


      20150211内宿館跡20



山門から台地を下って見ますが、この先にはコレと言った遺構はありません。

      20150211内宿館跡21


      20150211内宿館跡22




再び、自性寺の境内に戻ります。


山門の土塁は主郭を取り巻くように伸びています。

      20150211内宿館跡24


主郭東側の虎口(?)

      20150211内宿館跡23



ちょうど、大手側の主郭虎口の反対側になります。

      20150211内宿館跡25



虎口(?)の先はちょっとした作平地なっていて、腰曲輪なのだろうか?


削平地から見上げる虎口(?)

      20150211内宿館跡26


正直、名前からして館跡と言う事で期待していませんでしたが
それなりに遺構も残されていて、ちょっぴり得した気分。

大手側の主郭虎口の土塁は見応えがありました。


しかし、昭和35年までこの地にあった武田小学校の跡地。
移転しても構わないんだけど、せめて何か残して欲しかったなぁ。

武田小学校を作る時に二郭の空堀が埋められたと言うことだから
城郭遺構を残さなかったんだから、学校遺構ぐらい残そうよ............................。









関連記事
スポンサーサイト
2015/03/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit