09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

久寺家城址   (2015年1月31日)(千葉県我孫子市) 

1月31日 公休日

この日は我孫子市に出かけていました


久寺家分校跡をあとにして、向かった先は...............久寺家城址


久寺家城は、史料・伝承は無く、城主や築城時期など一切不明です。
八津を挟んだ反対側(東側)に位置する我孫子城との位置関係から
戦国時代は小金の高城氏の支配を受けていた我孫子城主・我孫子左衛門但馬守の
支城であったと考えられています。

久寺家城址は現在、宝蔵寺の敷地となり、遺構は殆ど無くなっているとのことです。



こちらが、久寺家城の縄張り図。

      久寺家城址縄張り図

( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )


宝蔵寺のある台地一帯が久寺家城址と言うことなので
宝蔵寺を目指します。

こちらが、宝蔵寺の参道。

      20150131久寺家城址01


そして山門。

      20150131久寺家城址02



境内の奥に微かに残る、それっぽい場所(笑)。
奥にある土盛りが土塁のように見えるのだが..............

      20150131久寺家城址03

後世に人の往来のために作られた道のようにも見える。



こちらは、腰曲輪のように見えなくもない。

      20150131久寺家城址04


      20150131久寺家城址05



主郭と推定される場所は現在、墓地と駐車場になっています。

      20150131久寺家城址06


      20150131久寺家城址07


その駐車場の下には、やはり腰曲輪に見える削平地があります。

      20150131久寺家城址08

確認しようと思ったら、関係者以外立ち入り禁止の立て札があり、
ここは大人の対応。潔く諦めます。


これと言った遺構も無さそうなので、宝蔵寺のある台地を一周してみます。


こちらが、我孫子城遠景。

      20150131久寺家城址09

谷津(と言ってもすっかり宅地化されていますが.......)を挟んだ
対岸の台地に我孫子城はあります。




こちらが、久寺家城址の城塁。

      20150131久寺家城址10



この台地の上に主郭があります。

      20150131久寺家城址11



おそらく、こちらが主郭へと続く登城路になるとは思うのですが
ワイヤーで簡易なゲートが設けられています。

当然、立ち入り禁止。

      20150131久寺家城址12


結局、明確な遺構も確認出来ず、
まあ市街地にある城址って言うのは、
大概が、こんなモノだと言うことを再認識させてもらいました。






関連記事
スポンサーサイト
2015/02/23 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit