FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

八千代八福神巡り⑧  《 観音寺 布袋尊 》                        (2015年1月27日)(千葉県八千代市) 

1月27日 公休日


この日は、八千代市の 八千代八福神巡り に出かけました。

八千代八福神は
1989(平成元)年11月に設置されたました。
八千代市仏教連合会と八千代市郷土歴史研究会が『八千代の八』にちなみ、
七福神に吉祥天を加えて八福神としたそうです。
同様に七福神に一つ加えて八福神になっている例では、
同じく、吉祥天が加わった八王子などがあるようです。

八千代八福神は

弁財天     長福寺(八千代市米本)
大黒天     妙徳寺(八千代市真木野)
福禄寿     東栄寺(八千代市保品)
寿老人     長福寺(八千代市萱田)
毘沙門天    正覚院(八千代市村上)
恵比寿     貞福寺(八千代市吉橋)
布袋尊     観音寺(八千代市高津)
吉祥天     妙光寺(八千代市小池)

という構成になっています。



正覚印をあとにして、向かった先は.....................
高津地区にある 観音寺の布袋尊


布袋尊は、弥勒菩薩の化身と言われ、
笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰されています。


いよいよ、八千代八福神の大トリ。
観音寺です。

      20150127八千代八福神 観音寺01



こちらの観音寺も八千代市民が選んだ
『八千代ふるさと50景』の一つに選ばれているようです。

      20150127八千代八福神 観音寺02



観音寺の山門。

      20150127八千代八福神 観音寺03



山門に掲げられた扁額。

      20150127八千代八福神 観音寺04



そして、こちらが本堂。

      20150127八千代八福神 観音寺05



本堂に掲げられた扁額。

      20150127八千代八福神 観音寺09



本堂前に鎮座している布袋尊。

      20150127八千代八福神 観音寺06


      20150127八千代八福神 観音寺07


布袋尊の真ん前に、工事関係の車が停まっていて
ベストポジションが確保出来ません。

      20150127八千代八福神 観音寺08


 
観音寺の墓地にある間宮士信の墓石と墓碑。
 
      20150127八千代八福神 観音寺10

間宮 士信(まみや ことのぶ)は、江戸時代後期の江戸幕府旗本(御書院番)です。
初名は信民。号は白水。通称は初め総次郎であったが、父間宮公信の死後に
その名を継いで庄五郎と名乗りました。
間宮家は、その祖先が伊豆の北条早雲に仕え、それから四代小田原北条氏に仕え、
四代目の康俊が秀吉の小田原攻めで山中城で討死しています。

間宮 士信は、徳川氏に召され幕臣となりました。
そのため士信は北条氏及び徳川氏に厚恩を感じて、
『小田原編年録』を編纂することにしたといわれています。

こちらの墓碑にも、その辺りの経緯が記されていました。

      20150127八千代八福神 観音寺11


意外や意外。
七福神巡り(八千代八福神巡り)をしていたら
小田原北条氏に関する知らなかった史実を知ることができました。

秀吉という大勢力の前に屈してしまった関東の雄・小田原北条氏。
その北条氏のファン(?)でもある私にとっては新たな発見でもありました............。



関連記事
スポンサーサイト



2015/02/19 Thu. 18:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit