07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

八千代八福神巡り⑤  《 貞福寺 恵比寿 》                        (2015年1月27日)(千葉県八千代市) 

1月27日 公休日


この日は、八千代市の 八千代八福神巡り に出かけました。

八千代八福神は
1989(平成元)年11月に設置されたました。
八千代市仏教連合会と八千代市郷土歴史研究会が『八千代の八』にちなみ、
七福神に吉祥天を加えて八福神としたそうです。
同様に七福神に一つ加えて八福神になっている例では、
同じく、吉祥天が加わった八王子などがあるようです。

八千代八福神は

弁財天     長福寺(八千代市米本)
大黒天     妙徳寺(八千代市真木野)
福禄寿     東栄寺(八千代市保品)
寿老人     長福寺(八千代市萱田)
毘沙門天    正覚院(八千代市村上)
恵比寿     貞福寺(八千代市吉橋)
布袋尊     観音寺(八千代市高津)
吉祥天     妙光寺(八千代市小池)

という構成になっています。


長福寺をあとにして、向かった先は.....................
吉橋地区にある 貞福寺の恵比寿


恵比寿は、七福神唯一の日本の神様で、
漁業・商売繁盛の神として信仰されています。



こちらが貞福寺の寺号標。

      20150127八千代八福神 貞福寺13


実は、この貞福寺に訪れるのは、今日で2回目。
この貞福寺のある台地一帯が、吉橋城址となっています。

貞福寺は吉橋城の二郭にあたり、主郭は貞福寺の隣りとなっています。


寺号標の前の切通しの道を上がって行けば、右側が主郭。
左側が貞福寺となります。

      20150127八千代八福神 貞福寺15



主郭下の腰曲輪。

      20150127八千代八福神 貞福寺14


今日の目的は吉橋城址ではなく、八千代八福神だから
寺号標前から貞福寺参道を上ります。

石段の脇には多くの石仏。

      20150127八千代八福神 貞福寺11


そして、こちらが山門。

      20150127八千代八福神 貞福寺12



     

こちらが、貞福寺の本堂。

      20150127八千代八福神 貞福寺01


      20150127八千代八福神 貞福寺02


そして、本堂に掲げられた山号の扁額。

      20150127八千代八福神 貞福寺10





本堂に向かって右手側に、
八千代八福神の恵比寿が祀られています。


が、恵比寿の隣の水盤(?)と言うのだろうか?
しっかりと千葉氏の家紋『月星紋』が有りました。

まさしく、この貞福寺が千葉氏由縁の寺院なんですね。

      20150127八千代八福神 貞福寺03


そして、こちらが八千代八福神。
正面が恵比寿。
両脇には、残りの七福神が祀られています。

      20150127八千代八福神 貞福寺04



八千代八福神の恵比寿。

      20150127八千代八福神 貞福寺05


      20150127八千代八福神 貞福寺06



八千代八福神の碑。

      20150127八千代八福神 貞福寺07


そして、八千代八福神の面々。

      20150127八千代八福神 貞福寺08


      20150127八千代八福神 貞福寺09



流石に、八千代八福神の幹事寺とも言える貞福寺。
御朱印やスタンプを集めている人にとっては必須とも言える
スタンプを押す専用の台紙が常設されているらしい。

レプリカ像を設置しない八福神のお寺も数ヶ所あったけれど
この貞福寺で一同に八福神が拝めるから
考えたら、この貞福寺だけで済んじゃうじゃん! と思いながらも
次なる八福神へと向かうのでありました................。










     
関連記事
スポンサーサイト
2015/02/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit