07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

名木城址  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

個人的な連休初日。

この日は『しもふさ七福神』巡りの傍ら、
成田市の城郭巡りもしてきました。


『しもふさ七福神』の常福寺から徒歩圏内にある
名木城址 へ立ち寄ってみました。



名木城は、築城時期等は定かではありませんが、
伝承によれば、城主は芝山弾正という者で、
天文21年(1551年)、久留間丹波守という者と戦って敗れ、
この地で死亡したと言うことです。
しかし、これらについての詳細は不明であり
一説によれば、神崎城、あるいは大須賀城の支城であった可能性もあるようです。



こちらが、名木城の縄張り図

      名木城址縄張り図

            ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました )



常福寺前の細い道を南西に行けば、
やがて緩やかな下りとなり、八津を挟んだ対面に
地元では「城山」と呼ばれる台地があり、そちらが名木城址と言う事で
車で向かったら、いきなり圏央道の造成工事。


谷津を埋め、道路を建設中。

      20150108名木城址01


縄張り図の雰囲気とかなり違うため、詳しい場所がわからず
同じ道を何度も車で徘徊していました。

日向ぼっこをしていた地元の御老人に「城山」の場所を教えていただき、
何とか辿り着けました。

こちらが、登城路。
まさに、ギリギリの所を圏央道が走ることになります。

      20150108名木城址02



ちょうど、ブルドーザーの裏手の茂みの中にある祠。

      20150108名木城址03

余胡さんの縄張り図にも、この祠は記載されています。



登城路も工事用の重機で広げられ、
往事の面影はかなり薄れてしまっているようです。

      20150108名木城址04



こちらが、城内。
この辺りまで、工事用の車が入ってきたようで
轍の跡もくっきりと残っています。

      20150108名木城址05


虎口になるのか?
主郭下の帯曲輪手前の土塁。

      20150108名木城址06


かなり埋もれているが、帯曲輪の空堀。

      20150108名木城址07



こちらは、帯曲輪。

      20150108名木城址08



主郭に上がる道(主郭虎口)を探して、帯曲輪をぐるっと歩きます。

      20150108名木城址09



結局、帯曲輪から主郭へと続く導線を見つけられず、
主郭は断念することに..........

      20150108名木城址10



いっその事、 びいすけ を担いで、斜面を登っちゃおうか?とも考えましたが
今日はまだまだいっぱい巡る予定なので無理は禁物。

おとなしく撤退することにしました。


城山そのものが削り取られるような事や、城址が破壊されることは免れましたが
圏央道の工事現場に隣接し、ギリギリ残ったと言う感が強い。


城山(名木城址)が辛うじて残った事を
良し!とすることにしよう.............。



関連記事
スポンサーサイト
2015/02/01 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit