FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

しもふさ七福神④  《 楽満寺 恵比寿 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

常福寺をあとにして、向かった先は 
成田市中里にある 『しもふさ七福神』   楽満寺(恵比寿)



恵比寿は、七福神唯一の日本の神様で、
漁業・商売繁盛の神として信仰されています。



こちらが、楽満寺の入口。

      20150108しもふさ七福神楽満寺01

楽満寺は、臨在宗(妙心寺派)のお寺。
本尊は安産子育の如意輪観世音菩薩。春日作。
源頼朝、実朝の母堂の守り本尊といわれています。



こちらにも、常福寺にあったような説明看板が建っていました。

      20150108しもふさ七福神楽満寺02



そして、その横には『しもふさ七福神』の看板。

      20150108しもふさ七福神楽満寺03



そして、こちらが『しもふさ七福神』 恵比寿。

      20150108しもふさ七福神楽満寺04


      20150108しもふさ七福神楽満寺05


      20150108しもふさ七福神楽満寺06




七福神の先には、楽満寺の仁王門。

      20150108しもふさ七福神楽満寺07




仁王門脇の鐘楼

      20150108しもふさ七福神楽満寺08



そして、こちらが本堂。

      20150108しもふさ七福神楽満寺09



本道に掲げられた扁額

      20150108しもふさ七福神楽満寺10




ネットで、この楽満時のことを調べていたら
どうやら、この楽満寺は子宝に授かる寺らしい。

「子供が欲しいのでお茶碗を貸して」と言うと、
母親になる人(なった人)が飲んだ茶碗を貸してくれるそうです。
その茶碗で毎日お茶を飲むと授かるそうです。

要は、このお寺で子宝を授かるよう祈願をしてもらうと
茶碗を貸してくれるらしい。
その茶碗で毎日お茶を飲むと、子宝に授かるらしい。

そして子宝に授かったら茶碗を返しに行くわけですが
その時に新しい茶碗を一緒に収めるらしい。
その収めた茶碗を次なる祈願者に貸し出すといったシステムのようです。

なかなかユニークなお寺と言っていいのだろうか?

世の中知らなかったことも多いようです...................




関連記事
スポンサーサイト



2015/02/01 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit