09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

しもふさ七福神③  《 常福寺  大黒天 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市のしもふさ七福神巡りをしてきました。

しもふさ七福神は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が“しもふさ七福神”の御縁日です。


『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。


昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

成田ゆめ牧場をあとにして、向かった先は 『しもふさ七福神』
成田市名木にある 『しもふさ七福神』 常福寺 (大黒天)


大黒天は大地を掌握する神様と言われ、
財宝・福徳海運の神として信仰されています。


こちらが、常福寺。

門前にある説明看板。

      20150108しもふさ七福神 常福寺01

常福寺は、成田山新勝寺と同じ真言宗智山派の寺院です。
中興の宥ばん上人が、寛永三年身の丈六尺程の青銅の不動尊を鋳造し
お堂を造り安置しました。
尚、同上人は、成田山新勝寺の中興の祖とも言われています。




仁王門前には、『しもふさ七福神』の看板もあります。

      20150108しもふさ七福神 常福寺02



こちらが、常福寺仁王門。

      20150108しもふさ七福神 常福寺03



こちらが、鐘楼。

      20150108しもふさ七福神 常福寺04



仁王門をくぐれば、正面は本堂。

      20150108しもふさ七福神 常福寺05



こちらが、本堂。

      20150108しもふさ七福神 常福寺06



本堂手前に鎮座する、『しもふさ七福神』の大黒天。

      20150108しもふさ七福神 常福寺07


      20150108しもふさ七福神 常福寺08


      20150108しもふさ七福神 常福寺09




本堂に掲げられた扁額。

      20150108しもふさ七福神 常福寺10



山号は南城山

      20150108しもふさ七福神 常福寺11



本堂裏手の土塁。

      20150108しもふさ七福神 常福寺12



そして、やはり本堂裏手の空堀。

      20150108しもふさ七福神 常福寺13



山号が南城山と言うだけあって、
遠い昔に、この辺りに城館があったのかもしれない。

そんなことを考えながらも、これで『しもふさ七福神』巡りの3福神完了。
残すは、4福神。
先を急ぎましょう。



関連記事
スポンサーサイト
2015/01/31 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit