07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

浜の七福神⑦  《 観明寺の福禄寿 》  & 心の駅・外房七福神  《 観明寺の寿老人 》                         (2015年1月1日)(千葉県長生郡一宮町) 

1月1日 公休日

この日は、九十九里沿岸に点在する『浜の七福神』巡りをしました。


『浜の七福神』は

横芝光町    四社神社(布袋尊)
山武市     五所神社(大黒天)
九十九里町  八坂神社(恵比寿)
大網白里市  要行寺 (寿老人)
白子町     真光寺 (毘沙門天)
長生村     清泰寺 (弁財天)
一宮町     観明寺 (福禄寿)

から構成され、横芝光町の布袋尊から一宮町の福禄寿まで
ざっと距離にして37km。
流石に歩いては巡れないので、車での移動になります。

長生村の清泰寺の弁財天を巡り終え、浜の七福神も残すは一つ。
向かった先は、最後の七福神  一宮町 観明寺(福禄寿)



福禄寿は長寿・幸福の徳を持ち、招徳人望の神として信仰されています。



こちらが観明寺の山門

      20150101浜の七福神 観明寺01


      20150101浜の七福神 観明寺02



一宮町の説明版によれば、この三門は四脚門という建築方式で
江戸時代初期の建築らしいとのことですが
改築したのか?
とても江戸時代のものには見えない。

      20150101浜の七福神 観明寺03



観明寺は
天平6年(734)の開基と伝えられ玉前神社の別当寺であったそうです。
現在の本堂は昭和43年の落成で、堂内には旧本堂の欄間が収められており、
それには房州の井上円徹作といわれる地獄極楽図が彫刻されているそうです。
写実的に描写されたその彫刻は、訪れた人の洗心の糧として貴重なものとなっています。



こちらが、その本堂

      20150101浜の七福神 観明寺04


      20150101浜の七福神 観明寺



例の黄色い看板は何故か境内にありました。

      20150101浜の七福神 観明寺06



看板の奥に浜の七福神 福禄寿。

      20150101浜の七福神 観明寺07


      20150101浜の七福神 観明寺11


      20150101浜の七福神 観明寺09



福禄寿の脇には七福神がもう一体。

      20150101浜の七福神 観明寺08


実は、この観明寺には浜の七福神の福禄寿の他に
心の駅 「外房七福神」 の寿老人があります。 

      20150101浜の七福神 観明寺10


      20150101浜の七福神 観明寺12


      20150101浜の七福神 観明寺13

いやぁ~、この 心の駅 「外房七福神」 の存在は知らなかったなぁ............




七福神の背後にある梵鐘。

      20150101浜の七福神 観明寺14



近くに玉前神社があり、地元の初詣のメッカで有るようです。
そしてその初詣客が流れてくるので、それなりに参拝客が多い。

人の流れの切れ目を見て、写真を撮るのもちょっぴり大変。

      20150101浜の七福神 観明寺15


      20150101浜の七福神 観明寺16


      20150101浜の七福神 観明寺17


とりあえず、これで浜の七福神も巡り終えることも出来ました。

しかし、心残りは 心の駅 「外房七福神」 
自宅に帰って調べてみると、一宮町近隣に点在しているようです。

心の駅 「外房七福神」巡りもいつかチャレンジしてみよう。



関連記事
スポンサーサイト
2015/01/27 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit