09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

助崎城址  (2014年12月24日)(千葉県成田市) 

12月24日 公休日

この日は、成田市城址巡りをしていました。


乗願寺の駐車場に車を停め、向かった先は.................. 助崎城址


助崎城は千葉六党の1つであった大須賀氏の城であります
大須賀氏は千葉常胤の四男・四郎胤信を祖とし、
「千葉六党」のひとつとして大きな勢力を持っていました。
大須賀氏は松子城を本拠にした松子大須賀氏を宗家として助崎の地にも城を築き、
その地の名をとり、助崎大須賀氏と名乗ったようです。
松子城、助崎城のいずれも築城時期は不明ですが、
助崎大須賀氏は本佐倉城の千葉氏に仕えていました。
天正十八年(1590年)、秀吉の小田原攻めの際、
北条方についていた助崎城は豊臣秀吉の軍勢に攻められて落城した。
その際に、城主の姫は薙刀を振るって戦ったと伝わっています。




こちらが、助崎城の縄張り図。

      助崎城縄張り図

              ( 余胡くんのHP よりお借りしました )



乗願寺がある辺りが、助崎城の大手にあたるようです。
大手側より主郭に向け、進軍開始です。


乗願寺から南に程なく歩けば、小さな十字路。
左に曲がれば、助崎城址の三郭へと下って行きます。

十字路の片隅にある土壇。
櫓台の跡のようです。

      20141224助崎城址01





三郭の登城路。三郭は鍛冶作とも呼ばれ、
大須賀宗朝の子、鍛冶作宮内少輔朝満から名付けられたようです。

      0141224助崎城址02


      0141224助崎城址03


登城路の脇にあった湧水。
おそらく当時も井戸として使われていたと思われます。
この辺りは家臣団の居館推定地であったと思われます。

      0141224助崎城址04


肝心の三郭は畑となり、虎口にあたる入り口にはちょっとした門があり
中に入るのには抵抗があって断念。
虎口の背後には櫓台のような高台があり、
そちらには土塁が残されているとのことですが
中に入れず、残念です。





こちらが、二郭の虎口。

      0141224助崎城址05



二郭はすっかり畑と改変され、ぱっと見る限り遺構らしきものは見当たらない。

      0141224助崎城址06


      0141224助崎城址07



二郭西側の腰曲輪。

      0141224助崎城址08



せっかくだから、腰曲輪に降りてみました。

      0141224助崎城址09


      0141224助崎城址10



こちらは、二郭先端の空堀........

      0141224助崎城址11

だと思っていたら、かつての村道跡らしい。


でも、空堀に見えるんだけどなぁ............

      0141224助崎城址12


      0141224助崎城址13





いよいよ本丸である主郭へと向かいます。

主郭への登城路入口に建つ標柱。

      0141224助崎城址14


      0141224助崎城址15



ここから先が、助崎城址の見所。
二重空堀が主郭への進入を妨げていたようです。


二重空堀の一つ目。

      0141224助崎城址16



そして、二重空堀の二つ目。

      0141224助崎城址17


いずれもそれなりの規模で、守備の要となっていたのでしょう。

      0141224助崎城址18




空堀の先には、虎口。

       0141224助崎城址28


      0141224助崎城址19




主郭は、配水設備と杉林。

      0141224助崎城址20


      0141224助崎城址21






そして、主郭先端の木の陰に鎮座する妙見像。

      0141224助崎城址23



実は、この妙見像が一番見たかった。

      0141224助崎城址24

この妙見像を見て、助崎城址訪城の目的の80%は達成したようなモノです。




こちらが、主郭南側の虎口。
おそらく、搦手口でしょう。

      0141224助崎城址25



搦手口の虎口の土塁。

      0141224助崎城址22



そして、虎口のすぐ下には腰曲輪。

      0141224助崎城址26


      0141224助崎城址27



冬の陽は短い。
2日前の12月22日が冬至。
と言うことは、この日もほぼ一年で一番陽の時間が短い辺りにある。

陽もちょっぴり傾きだして、西陽がきつくなってきた。

本当は、助崎城の城門が移築されていると伝わる円通寺にも立ち寄りたかったのだが
それは、またいずれかの時にでも...........。

暗くなる前に帰ることにしよう。




      
関連記事
スポンサーサイト
2015/01/19 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit