09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

幡谷城址  (2014年12月24日)(千葉県成田市) 

12月24日 公休日  

この日は、成田市城址巡りをしていました。


成毛城址をあとにして、向かった先は.................. 幡谷城址



幡谷城は、松子城、助崎城の両城主であった大須賀胤秀の子である
幡谷民部胤盛の居城であったと言われています。
助崎城の支城として、助崎城の防衛ラインを担い構築されたものと考えられているようです。

大須賀氏の本城であった助崎城の西方約2kmの位置にあります。



とは言いながらも、この幡谷城址も辿り着くのに苦労しました。

成田市幡谷にある香取神社の近く。
香取神社の坂を下った十字路に城址の目印となる標柱があるというネットの情報を信じ込み、
その十字路を探すために同じ道を何度も走り、
香取神社周辺を走り回っていました。

何のことはない。
香取神社脇の坂を下り切ったT字路の正面に標柱はありました。

      20141224幡谷城址01

確かに草で見にくいと言う条件はあるけれど
30分近く、この辺りを車で徘徊していました。


      20141224幡谷城址02



この道をまっすぐに行けば、幡谷城址。

      20141224幡谷城址03



いかにも山城に向かうって言う感じがします。

      20141224幡谷城址08



以前は未舗装の道だったらしいけれど
現在は舗装されていますが、かなり荒れている道。

      20141224幡谷城址04



主郭へと続くこの道には道沿いに土塁が残っています。

      20141224幡谷城址0


      20141224幡谷城址07


この道を城址の標柱のある場所から300mほど歩けば主郭。

こちらが主郭。
現在は、完全な畑となり、遺構は全く残されていない。

      20141224幡谷城址05


一応、ぐるっと一回りしてみたけれど、
やっぱり、これといった見所もない。

      20141224幡谷城址06

畑仕事をしているお婆さんが『怪しい?』って顔をしていたので
撤収することにいたしました。

別に怪しい事をしているわけじゃ無いんだけどね。
まあ、普段は農家の人しか来ない場所だから
『あれっ?!』って思ったんでしょう。



標柱近くの空き地に車を停めていたので戻ります。


幡谷城址の遠景。

      20141224幡谷城址09



さあ、西陽が射し込む時間帯になってきた。
このあと、もう1城訪問する予定だから先を急ぎましょう...................。



関連記事
スポンサーサイト
2015/01/18 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit