09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...........古里尋常高等小学校川井分教場跡                     (2014年12月7日)(東京都西多摩郡奥多摩町) 

12月7日 公休日

この日は奥多摩町廃校巡りに出掛けました。

大丹波分校跡をあとにして、向かった先は..................

      古里尋常高等小学校川井分教場跡



川井分教場の詳しい沿革は不明ですが、
明治19年に川井村の幡竜院に開設され忠愛学校が
その始まりとされているようです。

明治22年     川井村を含め、近隣7ヶ村が合併して古里村が発足。
明治34年     近隣の4尋常小学校を統合し、古里尋常高等小学校が設立され、
           古里尋常高等小学校川井分教場となる。
大正2年      川井分教場閉鎖となる。

と、こんな感じの沿革のようです。


明治期に創設された小学校は神社や寺院の敷地内に創設されることが多く、
川井分教場も、その前身である忠愛学校が、
やはり幡竜院と言う寺院の敷地内に創設されたようです。


校門に続くような坂道。
この坂の上が幡竜院。

      20141207川井分教場01



坂を上がってみれば、幡竜院の本堂と梵鐘があります。  

      20141207川井分教場08


      20141207川井分教場07



何せ、大正2年と今から82年前の話。
とっくに校舎などありません。

      20141207川井分教場02

何か、碑のようなモノでもあればいいのですが、ありません。


この辺り一帯に分教場があった筈なのですが
今となっては知る由もありません。

こちらは、幡竜院。
古くからある寺院だけど、古さは感じられない。
おそらく、昭和の時代に建て替えられているのでしょう。

      20141207川井分教場03



本堂の山号の書かれた扁額。

      20141207川井分教場05



いわゆる、学校遺構なるモノがまったくありません。

      20141207川井分教場04




古い話だから、推測の域をでないけれど
分教場って言うくらいだから、そんなに大きくなかったはず。

おそらく、駐車場として利用されているこの更地(?)あたりに
校舎が建っていたのでは?

      20141207川井分教場06



日曜日の午前8時過ぎ。
休みの日の朝に近くを歩いている人もいないし、
元々、人の少ない地区だし。
何と言っても82年以上前のことを覚えている人に
出会うことが難しい。

自己完結ではあるが、この場所を川井分教場跡とすることにしました............。








関連記事
スポンサーサイト
2014/12/31 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit