09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて............古里小学校棚沢分校跡                     (2014年12月7日)(東京都西多摩郡奥多摩町) 

12月7日 公休日

この日は奥多摩町廃校巡りに出掛けました。

川井分教場跡をあとにして、向かった先は..................

      奥多摩町立古里小学校棚沢分校跡



棚沢分校の沿革は詳しくは分かりませんが
明治9年に棚沢村の正法院に開設された棚沢学校がその始まりのようです。

明治22年    棚沢村を含む近隣の7ヶ村が合併し古里村が発足。
明治34年    古里尋常高等小学校に合併され、
          古里尋常高等小学校棚沢分教場となる。
昭和22年    学制改革により、古里村立古里小学校棚沢分校と改称。
昭和30年    古里村が氷川町、小河内村と合併し奥多摩町発足。
          奥多摩町立古里小学校棚沢分校となる。
昭和33年    児童数の減少により、本校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。





棚沢分校のある棚沢集落は、本仁田山への登山口でもあり
勾配のキツイ狭い道を集落の中を走っています。
車を停められそうな場所も無さそうなので
JR鳩ノ巣駅前のロータリーに車を停めて、勾配のきつい上り坂を歩きます。

      20141207棚沢分校16




5分ほど歩くと、いかにも学校跡と言った感じの場所が目に入ります。

      20141207棚沢分校12



道路から一段高くなった削平地。
そして、フェンスに囲まれた一画。

山間部の学校敷地で良く良く見かけるパターンです。

      20141207棚沢分校11




昭和33年廃校だから、既に56年の月日が流れています。
当然、校舎は既に解体され、更地となった分校跡は
地域の運動場とでも言うべきか、ゲートボール場となっています。

      20141207棚沢分校01


      20141207棚沢分校08




こちらの遊具は廃校時のモノなのか?
でも、とても56年前のモノには見えない。

      20141207棚沢分校02



昔の小学校ではよく見かけた古タイヤの遊具。

      20141207棚沢分校03




斜面の石垣には3枚のコンクリート板。
何やら文字が刻まれているようですが
コンクリートが風化していて、読めません。

      20141207棚沢分校04



ひょっとしたら、廃校の碑の代わりのモノでしょうか?

      20141207棚沢分校05



それとも、何かの卒業制作のようなモノでしょうか?

      20141207棚沢分校06



何れにしても、文面が読めないから分かりません。

      20141207棚沢分校07


単なるコンクリートの汚れや模様には見えないんだけどなぁ..................。






結局、廃校の記念碑も無く、二ノ宮像も無い。
学校遺構らしきモノが殆んど残っていません。

ただ、敷地内に残っている桜の木は、学校跡を彷彿させてくれます。

      20141207棚沢分校09



これらの木々は、きっとシンボルツリーだったんだろうなぁ。

      20141207棚沢分校10




廃校跡は、鳩ノ巣登山口の観光トイレにもなっています。
本仁田山へ登山する人々のトイレとしても活用されているようです。


確かに、この辺りは山深き場所であります。

      20141207棚沢分校13


      20141207棚沢分校14




鳩ノ巣駅へ戻る帰り道。
裏道から下り、振り返ってみます。

      20141207棚沢分校15


確かに、このアングルでも学校跡地に見える。

シンボルツリーの桜の木も立派に見える。
きっと、春には綺麗な桜の花を咲かせるのだろう..................





関連記事
スポンサーサイト
2015/01/01 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit