09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

三本松陣屋跡  (2014年11月21日)(千葉県君津市) 

11月21日 公休日

この日は、君津市城址巡りに出かけました。

大戸城址をあとにして、向かった先は..................三本松陣屋跡


三本松陣屋は
1816年に武蔵川越城主であった松平大和守斉興が、
安房上総の2万石の飛び地の支配のために築いたものであります。
それ以前には、寛政期に築いた向郷陣屋を用いていたのですが、
5kmほど南にある台地上部の地に築き直したものであります。

陣屋跡は三本松公園となり、その中心部には陣屋跡を示す大きな石碑が建っています。



こちらが三本松陣屋の縄張り図

      三本松陣屋

                ( 余胡くんのHP よりお借りしました )


こちらが、三本松公園の入口。

立派な石造りの公園標が建っています。

      20141121三本松陣屋跡02



裏面には何やら刻まれています。

      20141121三本松陣屋跡01


松平大和守朝○候の功績を記念して建てたモノのようです。



そして、こちらが陣屋跡の碑。

      20141121三本松陣屋跡03



随分と立派な石碑です。

      20141121三本松陣屋跡04



では、公園内と言うか、陣屋跡を散策いたしましょう。

      20141121三本松陣屋跡05



とは、言っても事前情報では............

陣屋跡の碑が有るくらいで、
遺構らしい遺構は残されていないとの事です。

      20141121三本松陣屋跡06


台地最上部には四阿があり、説明板も建っています。

      20141121三本松陣屋跡07



三本松陣屋って言うよりも、三本松公園について触れられています。

      20141121三本松陣屋跡08

「三本松」という地名の由来は、
天武元年(672年)壬申の乱に敗れた大友皇子が上総の国に逃れた時、
「松は千年の時を保つものなり」として」「小松三本植うべし」と命じたことから
三本松と呼ばれるようになったと伝えられています。 



二十一世紀への継承遺産 三本松公園

と、標柱には記されています。

      20141121三本松陣屋跡09

どうやら君津市にとっては、陣屋跡として残すよりも
三本松公園として残していきたいようですね。




色んな匂いが漂うのか?
やたらと匂いが気になる びいすけ 。

      20141121三本松陣屋跡10



そう言えば、毎年落ち葉の季節になると
枯れ落ち葉をクンクンと匂い嗅ぎまくってます。


もう少し、園内を散策してみましょう。

      20141121三本松陣屋跡11



三本松の地名の由来となったのは、この松なのだろうか?

      20141121三本松陣屋跡12

さすがに、672年(今から1942年前)の松の木じゃないでしよう。
とても樹齢1942年には見えません。
って言うか、そもそも松の寿命ってそんなに持たないし............。



落ち葉の積もる遊歩道。
紅葉って言えるモミジや楓は無かったけれど
枯れ落ち葉をカサカサ音を立てて歩いたり。

      20141121三本松陣屋跡13


クンクンと匂いを嗅いで歩いたり。

      20141121三本松陣屋跡14


      20141121三本松陣屋跡15


びいすけ にとっては心地良い場所なのかもしれない。

      20141121三本松陣屋跡16


紅葉って言えるモミジや楓は無かったけれど
銀杏の葉っぱが良い感じで色付いて来ています。

      20141121三本松陣屋跡17


まさに、秋深し。
三本松陣屋跡の秋深しと言ったところでしょうか..................?




★補足

陣屋跡の石碑まで建っているのだから、
てっきり公園が陣屋跡だと思っていました。
(事実、君津市のHPでも三本松公園の記事にそれらしい事が記載されています。)

しかし、帰ってきてから、ネットで色々と調べていると
どうやら公園前の道を挟んだ民家が立ち並ぶ辺り一帯が三本松陣屋跡らしい。

事前に情報をチエックしていたつもりだったんだけど............

でも石碑があったし、確認出来たし..................
これで良かったことにしておこう............。


関連記事
スポンサーサイト
2014/12/09 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit