09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

伊東八景 《 巣雲山 》 (2014年10月28日)(静岡県伊東市) 

10月28日

伊豆旅行2日目。

静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。



伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山あり海あり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹海岸
城ヶ崎海岸

となっています。


せっかく伊東市にきているのなら、八景巡りでもいたしましょう。

と、言うことで向かった先は............

           巣雲山


巣雲山は
約13万2000年前の火山活動によって形成されたスコリア丘で、
伊東市の大室山と同じである。伊豆東部火山群に属する。

山腹には伊豆スカイラインが通り、富士山方面を見渡せる巣雲山駐車場が設置されている。
山頂まで複数の登山道が整備され、最短の巣雲山駐車場からは10分ほどで登頂できる。

戦前には航空灯台が設置されていたことがあり、展望台の前にそれを印した杭がある。
近くの伊豆の国市立大仁東小学校や伊東市立宇佐美小学校の校歌には
『巣雲山』の名が歌われている。

山頂の解説版によれば、「すくも」とは稲の籾殻のことを意味し、
その昔、巣雲山の西にある長者原の富豪が、この地にたくさんの籾殻を捨て、
それが積もって塚となり、ついには山になったとの伝承が残るという。

                        ( Wikipedia より抜粋 )



巣雲山へは伊豆スカイラインの巣雲山駐車場よりアプローチします。


こちらが、伊豆スカイラインの巣雲山駐車場。

しっかりと、巣雲山の説明看板も建っています。

      20141028 巣雲山01


      20141028 巣雲山02



では、駐車場から巣雲山頂上目指して散策開始です。

      20141028 巣雲山03



こちらが、巣雲山の登山口。

      20141028 巣雲山04



登山といっても、駐車場から10分程度で頂上に至ります。
こんな登山道を軽快に びいすけ は、我先へと急ぎます。

      20141028 巣雲山05



ロングリードだから、 びいすけ の好きなように歩かせます。

初めての場所だから、新鮮な匂いがいっぱい(?)。
クンクンと匂い嗅ぎは欠かせまん。

      20141028 巣雲山06



やがて、登山道はススキの茂る道へと変わります。

      20141028 巣雲山07



相変わらず、ご機嫌な びいすけ 。
テンポよく軽快な足取りで先に行きます。

      20141028 巣雲山08




程なくして、巣雲山の頂上に到着。

      20141028 巣雲山09



せっかくだから、頂上の案内板の前でパチリ☆。

      20141028 巣雲山12



すると、いきなりのゴロ〜ん。

何か特別な匂いでもするのかな?

      20141028 巣雲山10



しばらく、巣雲山の感触を体で感じるかのように転げ回っておりました。

      20141028 巣雲山11



晴れていれば、視界もばっちりなのですが
あいにく、この日は晴れているものの、雲も多い。

本来は、ばっちり見える富士山も雲の合間にうっすらと見えるのみ。

      20141028 巣雲山13





展望台があります。

      20141028 巣雲山14



せっかくだから、上がってみましょう。

      20141028 巣雲山15




展望台からの眺望。
あいにくの雲。

こちらは天城方面。

      20141028 巣雲山16




そして、こちらが富士山方面。
うっすらと雲の合間に富士山が確認できます。

      20141028 巣雲山17




巣雲山の山頂にはススキが風になびいています。

      20141028 巣雲山18


      20141028 巣雲山19


      20141028 巣雲山20


      20141028 巣雲山21


伊豆は秋本番と言ったところです。


しかしながら、流石に伊東八景に選ばれた場所。
雲ひとつ無く晴れていれば、ススキの向こうに富士山。
そんな光景も眺めることが出来たでしょう。

最近は、富士山の眺望を目的にしても
なかなか好天気に恵まれません。

これって、日頃の行いのせいなのかなぁ............?(笑)





関連記事
スポンサーサイト
2014/11/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit