FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

佐倉の秋祭り 2日目  (2014年10月11日) 

10月11日 公休日

個人的な連休初日。

10月10日から始まった佐倉の秋まつり。
今日はその2日目です。

佐倉の秋まつりは、何と言っても各町内会が繰り出す山車が一番の見所です。


たまたま、9年前に佐倉の城下町近くに越して来たため
この秋まつりを見る機会が増えました。
(以前は同じ佐倉市内ですが、隣駅だったのでわざわざ見に来ませんでした。)
さらに言えば、 びいすけ の散歩コースが山車の練り歩くコースに重なるため
意識しなくても秋まつりに出掛けることになってしまいます。


この日も、 佐倉の秋まつり を見学しながらの散歩となります。


旧・成田街道に出れば、いきなりこんな光景に出会いました。

      20141011 佐倉秋祭り②01

山車の先頭を歩く少女たち。
鏑木町の方々ですね。


程なくして、鏑木町の山車がやって来ました。

      20141011 佐倉秋祭り②02




加美町の山車は休憩中のようです。

      20141011 佐倉秋祭り②03




我が町内会、弥勒町のお祭り本部の前を通ると
知ってる顔から声が掛かりました。

      20141011 佐倉秋祭り②04

びいすけ がパピーの頃から散歩の時に家の前を通っている Iさん 。

『 びいすけ君のお父さん、日本酒飲んで行きなさいよ! 』と言われ
升酒をご馳走になってしまいました。

      20141011 佐倉秋祭り②05



実は Iさん も昨年までワンコを飼っていて
飼っていたワンコ(チビちゃん、クリちゃん)は亡くなってしまいましたが、
今だに、散歩の時にお会いすると『びいちゃん、びいちゃん』と言って
頭を撫でて可愛がってくれます。

びいすけ が取り持つ縁とでも言うべきか、
びいすけ を迎えいれた生活をしなければ、
絶対に話す機会などなかっただろう。

これもまた、不思議な縁なんだろうなぁ。




私が、日本酒をご馳走になっている間、
大人しくしている びいすけ 。
こういう時は、お利口さんだなと褒めてあげたい。

      20141011 佐倉秋祭り②11





弥勒町本部の前では毎年、踊り(お囃子)が行われています。

      20141011 佐倉秋祭り②10


      20141011 佐倉秋祭り②06


      20141011 佐倉秋祭り②09



先ほど、通り過ぎた鏑木町の山車が再び近付いて来ます。


『 えっさ〜こらさの、えっさっさ〜ぁ!』

威勢のいい掛け声と共に近付いて来ます。

      20141011 佐倉秋祭り②07


      20141011 佐倉秋祭り②08





私たちの手前で、一本脇の路地に入って行った、鏑木町の山車。

さっきまでの明るさが、一瞬で無くなり
辺りは静けさが立ちはだかります。

      20141011 佐倉秋祭り②12


やがて、お囃子と威勢のいい掛け声。
どこの町内会でしょうか?

望遠レンズを目一杯駆使します。

      20141011 佐倉秋祭り②13

どうやら、間之町の山車のようです。




ゆっくりと、ゆっくりと びいすけ の前を通ります。

      20141011 佐倉秋祭り②14



威勢のいい、掛け声を響かせながら通って行きます。

      20141011 佐倉秋祭り②15



びいすけ の前を、そして私の前を通り過ぎます。

      20141011 佐倉秋祭り②16



本当は、地元の山車が見たかったんだけど
毎年、この時間帯(18時〜19時)は本部前で休憩しているはずなのに
なぜか?今年は他の町内会へ遠征している。

昨日も見ることが出来なかったし............

弥勒町の本部に戻ってくのはあと1時間くらい後らしい。
このまま待ているのも、ちょぴり辛いし
なにより、散歩の途中だし..............

縁日の屋台もあることだし...............

      20141011 佐倉秋祭り②17


大判焼き(今川焼き)を買って、
ゆっくり食べながら散歩を続けることにいたしましょう..........。







関連記事
スポンサーサイト



2014/11/04 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit