09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

土肥氏居館跡   (2014年9月26日)(神奈川県足柄下郡湯河原町) 

9月26日 公休日

伊豆旅行の2日目。

伊東氏居館跡をあとにして、向かった先は............

       土肥氏居館跡


土肥氏は

桓武平氏良文流で相模国土肥郷から発祥しました。
良文は村岡五郎と呼ばれ、三浦・大庭・長尾の諸氏が分かれました。
土肥氏の祖となる中村氏もそのひとつで、三浦半島を拠点とした三浦氏と並ぶ有力武士でした。
国衙の在庁官人であった中村宗平は中村郷を中心として、さらに周辺の荒野へ積極的に開発の手をのばし、
自分の子供をそれらの開発地に入れて開発を推進しました。
本領の中村郷は嫡男が受け継ぎ中村太郎重平と名乗り、
それ以外の子が、土肥次郎実平・土屋三郎宗遠・二宮四郎友平・堺五郎頼平らであり、
それぞれ分け与えられた開発地に屋敷を構え、そこを名字の地として開発を進めていったのであります。

治承四年(1180)、源頼朝が挙兵した時に、
土肥次郎実平が中村一族を率いて石橋山の合戦に参加しました。
石橋山の合戦は頼朝の敗戦に終わり、実平の案内で箱根、奥湯河原の山中に身を隠し、
実平の手配した舟で真鶴の岩海岸から安房に逃れた頼朝は千葉氏・上総氏らの参陣をえて軍容を整え、
大庭氏らの平氏勢力を駆逐し鎌倉を本拠として武家政権の樹立をめざすことになります。

このような経緯もあり、土肥実平は頼朝からの厚い信頼を得る事になります。



土肥氏居館跡は、JR湯河原駅周辺であったとされています。


      20140926土肥氏居館跡08


ご覧の様に駅周辺はすっかり開発され、様変わりしてとても城館跡には見えません。

      20140926土肥氏居館跡07




駅前ロータリーには、土肥氏館跡の碑が建っています。

      20140926土肥氏居館跡01


      20140926土肥氏居館跡02



そして、その隣には土肥実平夫妻の像。


      20140926土肥氏居館跡03


      20140926土肥氏居館跡04


そして、その説明看板。

      20140926土肥氏居館跡05

この説明板を読んでも、源頼朝に仕え
頼朝挙兵から石橋山の合戦の敗退。
そして平家打倒、鎌倉幕府樹立に尽力を尽くし、
頼朝の厚い信頼を得た土肥実平は、郷土の英雄のようです。



城館跡らしさは全くありませんが
ロータリーのこの辺りは、
土肥実平一色になっているようです。

      20140926土肥氏居館跡06


駅前には、色んな案内板が建っています。

      20140926土肥氏居館跡09


この居館跡から3.5km先に城山公園があります。
この城山公園が戦時の詰めの城と言われた土肥城になります。

当然、土肥城址もこの後に訪れますが
その前に別な場所に立ち寄ったりして............

土肥城址攻略の詳細は、また日を改めて..................。




関連記事
スポンサーサイト
2014/10/20 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit