07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

荒井城址 (2014年9月25日)(神奈川県足柄下郡真鶴町) 

9月25日 公休日

9月25日〜26日の個人的な連休を利用して伊豆へ遊びに行きました。


岩小学校ををあとにして、向かった先は............


          荒井城址


荒井城は

1083年の後三年の役の際に、源義家に従って活躍した荒井実継の居城であったと言われてます。
その後、源頼朝の家臣として名を馳せた土肥氏の出城となり、
時代は流れ、戦国時代には小田原北条氏の烽火台が置かれたとも言われています。
しかしながら荒井城の歴史には不明な点が多く、今なお正確なところはわかっていないようfです。

JR真鶴駅のすぐ近く、R135を挟んだ南側にある小高い台地が荒井城址です。
現在は、荒井城址公園として整備されています。
とjは言いながらも、台地の宅地開発も進み、さらには公園として整備された結果
荒井城の城郭遺構はかなり隠滅してしまったそうです。

台地中腹には無料の駐車場もあり、5~6台の車が停められます。


では、駐車場に車を停めて...........
いざ参らん! 荒井城址!!


駐車場そばの入口にこんな看板

      20140925荒井城址01

何と、遊歩道以外犬の立ち入り禁止。

芝生の広場にも入れないそうです。



こちらが、荒井城址公園の案内図

      20140925荒井城址02



こちらが台地下部側の入口に建つ城址碑。

      20140925荒井城址03


      20140925荒井城址04






城址碑のある入口より改めて遊歩道を歩くとすぐに未舗装の遊歩道。
その遊歩道の先には空堀。

      20140925荒井城址05



実はこの荒井城址、公園整備のため遺構は無くなり
唯一の遺構と言えるのがこの空堀。

      20140925荒井城址06


さらにこの奥に入って行きたかったのですが
遊歩道以外、犬連れ禁止ですから、諦めました。

      20140925荒井城址07




この先は駐車場。
元来あった登城路なのか?
虎口のように見えなくもない。

      20140925荒井城址08

でも、おそらく公園整備の際に造られた未舗装の遊歩道なんだろうな。



駐車場から再び荒井城址公園内に入ります。
先ほどの空堀を台地中腹から眺めてみます。

      20140925荒井城址16


城址としての縄張り図がないから
城址全体が把握できませんが、公園としてはそれなりに整備されています。

芝生広場

でも びいすけ は中には入れません。

      20140925荒井城址09



別な芝生広場の奥には池があるようですが..............

      20140925荒井城址15




びいすけ は、中に入れないので、この辺で パチリ ☆!

      20140925荒井城址14


腰曲輪のようにも見える削平地。
中に入れればなぁ.............

      20140925荒井城址13



荒井城址公園の上部の入口

      20140925荒井城址10


台地はすっかり開発されていて、先ほどの入口近くには
すっかり民家が建ち並びます。

      20140925荒井城址11


この坂を上って行けば、ひょっとしたら何か残っているか?
そんな気持ちもあってしばらく歩いていくと、古い標柱。

      20140925荒井城址12

しばらく、この界隈をぐるっと回ってみましたが
すっかり開発されていて、両脇に民家を眺めながら
結局、台地上部を一周して荒井城址公園に戻ってしまいました。


空堀しか残っていない城址であり、遊歩道しか びいすけ と歩けない
ちょっぴり残念な城址でした..................。







関連記事
スポンサーサイト
2014/10/15 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit