FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...................片浦小学校石橋分教場跡                     (2014年9月25日)(神奈川県小田原市) 

9月25日 公休日

9月25日〜26日の個人的な連休を利用して伊豆へ遊びに行きました。


石橋山古戦場跡をあとにして、向かった先は............


          旧・片浦村立片浦小学校石橋分教場跡



石橋分教場は

明治6年に創設された石橋学校がその前身とされているようです。

明治17年    早川小学校の石橋分校となる。
明治19年   石橋学校として独立する。
明治22年   石橋村が単独村制。
         早川村・米神村・根府川村・江ノ浦村との町村組合が発足する。
明治25年   尋常早川小学校に合併される。
明治28年   早川小学校より独立。
         尋常志喜小学校となる。
大正2年    米神村・根府川村・江ノ浦村と合併して片浦村が発足。
          町村組合および石橋村は廃止となりました。
         本校を片浦村立尋常高等根府川小学校、
         分校を片浦村立尋常志喜小学校となる。
大正3年    校名改称と本校、分校の入れ替えを行い、
         尋常志喜小学校を本校とし、尋常第一片浦小学校といい、
         尋常高等根府川小学校を尋常高等第二片浦小学校とし、分校となる。
大正4年    第一、第二小学校を統合して、尋常高等片浦小学校と改称し、
         石橋分教場となる。
         尋常4年以下は、分教場に収容する。
昭和10年   今までの石橋分教場を廃し、分教場を石橋河原263番地に石橋分教場として存置、
         石橋部落1・2年生児童を収容する。
         一村一校主義、学校位置問題で6年猶予にわたって紛争していたが、
         解決し、片浦村に喜びあふれる。
昭和27年   本校と統合し、石橋分教場は廃止、廃校となる。


           (片浦小学校HPより一部引用)


石橋山古戦場跡から、ちょっぴりR135を小田原方面へ戻ると
石橋集落があります。
その石橋集落の奥に分教場跡はありました。

とは言え、辿り着くまでがそれなりに大変でした。

何せ、廃校となったのが昭和27年。
今から62年前の話です。

石橋山古戦場跡近くの民家の方に聞いてもわからない。
石橋集落で散歩している御老人に聞いてみると、
『何も残っていなくて、畑になっているけど
建物の基礎が残っている』とのことです。

何と無く教えてもらった場所近くまで来たけれど、
今一歩此処だと言う自信がない。
近くに住む若夫婦に聞いても、分教場があった事さえ知らない。

一枚写真を撮り、先ほどの散歩していた御老人を探し
写真を見てもらい、間違いないことを確認しました。


その確認写真がこちら。

      01

分教場の入口となります


ちょうど、この辺りが正門だったのでしょう。

      20140925石橋分教場02


この場所を教えていただいたご老人の言う通り
敷地内には建物は何も残されていなく
畑となっています。

      20140925石橋分教場03


と言うか、畑跡って言う感じです。

      20140925石橋分教場04


古びた看板には
オレンジフォームファーマー 体験研修果樹園 と書かれています

おそらく、廃校跡は民地となって果樹園となったようです。

      20140925石橋分教場07



隣りの敷地との往来に使ったいたのか?
はたまた、分教場時代に利用されていたのか?
敷地の隅にある古い石段。

      20140925石橋分教場05



御老人の言っていた分教場の基礎部分。

      20140925石橋分教場06


      20140925石橋分教場09


すぐ近くには、東海道新幹線の高架があり
時折、勢いよく新幹線が走り去っていきます。

      20140925石橋分教場08

分教場に子供たちが通っていた時代には見られなかった光景です。



正門跡脇の古びた石垣とコンクリートのフェンス。
分教場時代のモノなのかなぁ......?

      20140925石橋分教場10


62年前に廃校となった分教場。
今でこそ、小田原市であるけれど
片浦小学校のHPにはこの地区(旧・片浦村)の学校の位置問題で
6年もの長い期間、係争していたと言われています。

学校遺構は何も残されていなく、集落に住む人々も代替わりして
分教場がかつてこの地にあったことも忘れ去られ
民家の間にひっそりと残っていた石橋分教場跡。

このまま、ひっそりと残っていて欲しい....................




関連記事
スポンサーサイト



2014/10/13 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit