07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

東和泉城址      (2014年9月9日)(千葉県成田市) 

9月9日 公休日


この日は成田市の廃校巡りのついでに、城址巡りをして来ました。


大生城址をあとにして、向かった先は..................

東和泉城址



東和泉城は

源頼朝の家臣であった千葉常胤。
その千葉常胤の四男・大須賀胤信を祖とする大須賀氏が代々居城したと言われています。
大須賀氏は下総町助崎をはじめ東総地域に多くの支城を持ち、
有力武将として戦国期まで勢力を誇りました。
天正九年(1581年)、滑川城主・織田左京太夫の軍勢によって助崎城が攻撃され、
東和泉城はその際に織田の先陣によって攻められ、時の城主・成毛八那教胤は自ら城に火を放ち、
終焉を迎えたと伝えられています。

寛文元年(1661年)に松平和泉守乗久が佐倉藩主となってこの地を治めたため、
村人たちが和泉村という村名を用いることを嫌って、日の出村という村名に変えたことから、
城も日の出城と呼ぶようになったと言われています。




こちらが、東和泉城の縄張り図


      東和泉城址縄張り図


(余胡くんのホームページ よりお借りしました。)



成田市東和泉にある星神社のある辺りが城址と言うことで
ナビにセットしても、星神社までの道が無い!。

同じ道を何度もグルグルと周り、
ヤバそうな細い未舗装路を進む勇気はありません。
民家近くの空き地に車を停め、歩いて星神社を探します。


たまたま、歩いていた道に標柱を発見。


      20140909東和泉城址01



標柱の正面が登城口。

三郭の虎口になります。


      20140909東和泉城址02



この先が星神社。

ご存知、千葉一族の北辰信仰、武運の神として祀られた妙見神社です。

鳥居には、神額はありません。


      20140909東和泉城址03



鳥居の脇に建つ説明看板。


      20140909東和泉城址04



説明看板の中に記された縄張り図。


      20140909東和泉城址05


どうやら、この星神社のある台地一帯が東和泉城址のようです。




こちらが、星神社。


      20140909東和泉城址06



星神社の拝殿。

どうしても千葉一族所縁の城跡に鎮座する神社ともなると
必然的に千葉氏の家紋を捜してしまいます。

月星紋や七曜紋、九曜紋が神紋として残されていないか?
ついつい期待しちゃいますが、残念ながらありませんでした。


      20140909東和泉城址07



こちらの星神社の周りにも土塁がぐるっと回っています。


      20140909東和泉城址08



そして、星神社の建つ郭の奥には深い空堀。


      20140909東和泉城址09



星神社のあるのは、三郭。
神社の周りは一面、畑です。


      20140909東和泉城址10



星神社の裏の空堀の奥がニ郭。
さらに奥に主郭があるようですが
とにかく、空堀にも雑草が多く、
その先に進むのには、『ためらい』の4文字にすぐさま支配され、
『勇気』の漢字二文字が必要となります。



と言うわけで、二郭、主郭は諦めて戻ります。


三郭の虎口は、振り返ってみても絵になる気がします。


      20140909東和泉城址12


台地から、民家の間の狭い道を通って県道に出ると
県道沿いに、標柱が建っていました。

なぜ、気が付かなかったんだろう?


      20140909東和泉城址11



再び、台地を上り、そしてまた下って車に戻ります。


東和泉城址からほど近い、東和泉集落にある東和泉共同利用施設、
いわゆる地域の公民館ですが、そちらの玄関前に建つ石碑。


      20140909東和泉城址13



『東和泉のあゆみ』と題された、この石碑。
東和泉城のことや東和泉村に関して詳しい歴史が記されています。


      20140909東和泉城址14


何気に、いえいえ、かなり参考になりました。
わざわざ、詳しい歴史を調べたり勉強するって言うのは
機会が無ければしませんが、
こう言った出掛けた先で案内看板や石碑等を眺め、
刻まれた文字を読み、記された場所を見たりして
文字だけではわからないモノを感じ取って行く。

歴史をチョットだけ知る!って言うのは
そんな醍醐味かもしれない..................




関連記事
スポンサーサイト
2014/10/03 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit