09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...................公津小学校印東分校跡                       (2014年9月9日)(千葉県成田市) 

9月9日  公休日

この日は成田市廃校巡りに出掛けました。

印旛沼からほど近い、田園風景が広がる開拓地の一画に
その廃校跡はありました。

訪れたのは..............

成田市立公津小学校印東分校跡


印東分校は


明治9年     船形村に船形小学校創立される。
明治22年 船形村が近隣の村々と合併して公津村が発足。
明治39年    北尋常小学校と改称。
同年       協済尋常小学校と改称。      
大正4年     公津村が公津小学校一校に統合したため
          公津小学校印東分教場として4年生までが通うことになる。

この後、幾多の変遷を経て..............

昭和61年    本校に統合され廃校となる。


と、このような沿革となっています。





こちらが、かつての正門。


      20140909印東分校03



古い石造りの門柱。


      20140909印東分校04



大正7年に建てられたモノです。


      20140909印東分校02

印東分教場になったのが、大正4年だから
分教場(分校)になってから建てられたモノですね。




門柱の脇に建つ、入学記念の石柱。


      20140909印東分校01




こちらが印東分校の碑。


      20140909印東分校05


      20140909印東分校06



裏面には沿革が刻まれています。

いわば、これは廃校記念碑と言っても間違いじゃないでしょう。


      20140909印東分校07




分校跡地は、成田市立印東体育館として活用されています。


      20140909印東分校08

この体育館が分校時のモノなのか?
はたまた、新たに建てられたモノなのか?

はっきりわかりません。

(よくよく考えれば定礎板を確認すればわかったのに..............)



でも、見た感じ新しそうな雰囲気。


      20140909印東分校10


      20140909印東分校11



そして、こちらにも廃校の跡地利用のよくあるパターン。
地域の消防倉庫が一画に設けられていました。


      20140909印東分校09



ぐるっと敷地内を一回り。

しかし、門柱と入学記念の石柱、そして印東分校の碑以外に
学校遺構は残されて居ません。
二ノ宮像も子供たちが遊んだ遊具も残されていません。


平日ですが、高校生?はたまた中学生?
バスケに興じる多くの女子がいました。


さすがに不審者と思われるのも嫌なので
ささくさ〜っと写真を撮って、
この地をあとにすることにしました。



今は日の丸と成田市(?)の旗が掲げられていますが
当時は日の丸と校旗が掲げられていたのでしょう。


      20140909印東分校12



石造りの門柱、そして日の丸。
そして、廃校記念碑と桜の木。


      20140909印東分校13



春にはきっと見事な花を咲かせることだろう。


      20140909印東分校14



桜の花の下で、この碑を見たらどんな感じになるのだろうか?
来年の春に、また訪れることにしよう............。







関連記事
スポンサーサイト
2014/09/30 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit