09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

にっこう  へ  いこう  ⑫        《 白糸の滝 》                     (2014年8月23日)(栃木県日光市) 

8月23日 公休日

8月22日〜23日。
1泊2日で日光に出掛けてきました。

日光の旅行の2日目。
二荒山神社をあとにして向かったのは.............

白糸の滝

日光白糸の滝は、
天狗沢にかかる名瀑。高さ約10メートル。
弘法大師修行の場と伝えられる。
文明18年(1486)京都聖護院の道興准后が日光を訪れ、
その時の紀行文「廻国雑記」に下記の和歌が詠まれている。

「世々を経て 結ぶ契りの 末なれや この滝尾の たきの白糸」




二荒山神社脇の細い散策路を上って行きます。


      20140823白糸の滝01




この古道は、二荒山神社の別宮である滝尾神社に至る古道。
鬱蒼と茂る杉の大木が何とも言えない雰囲気を醸し出します。


      20140823白糸の滝02



この古道を含め、滝尾神社に至るまでが裏日光のパワースポットとして、
知る人ぞのみ知る、隠れた穴場とされているようです。


      20140823白糸の滝03



杉の巨木を眺めながら、しばらく上っていくと
やがて切通しにぶつかります。


ここが、行者堂。


      20140823白糸の滝05


      20140823白糸の滝04

日光の修験道の修行場として建てられた切妻造りの簡素な建造物であり、
間口1間、奥行き3間ほどの造りです。



とにかく、この切通しも凄い。
何と無く威圧されると言うか、確かに何かを感じます。


      20140823白糸の滝06


これが、いわゆる『気』っていうヤツで
明らかにパワースポットなんだろう。



苔生した石畳の道をしばらく歩きます。


      20140823白糸の滝07
      



やがて左手側に現れるのが白糸の滝。


      20140823白糸の滝08


      20140823白糸の滝09



こちらが、白糸の滝。


      20140823白糸の滝10



落差10mの滝ですが、直瀑ではないので意外に小さく感じてしまいます。


      20140823白糸の滝11



      20140823白糸の滝12



滝そのものは、それなりの流れもあり
滝の脇の岩場も苔に覆われ、雰囲気は良い。


しかしながら、滝の下流がコンクリートで護岸されてしまっているため、
遠目で見ると(引いて見ると)、何とも情けないって言うか、
単なる用水路にしか見えない。


      20140823白糸の滝13


530年前に和歌に詠まれたりした歴史のある滝なのに
ちょっぴり残念な気がするのは..............私だけ?







関連記事
スポンサーサイト
2014/09/22 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit