07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

深草館跡 (2014年7月31日)(山梨県北杜市) 

7月31日 公休日

前日から山梨県北杜市に来ています。
この日も山梨県北杜市城址巡りをしていました。

北杜市城址巡り第5弾。

                深草館跡


深草館跡は

長坂町大八田の南新居集落の北側にある中世の館跡です。
北、東、南の三方を掘り切って台地から切り放し、
西側は西衣川を堀として利用していて、
堀の内側には高さ1~2メートルの土塁が巡っています。
大きさは東西約50メートル・南北約130メートルで、
現在は南北二つの郭ですが、かつては南郭をさらに分ける土塁がありました。

この館跡は谷戸城に対する居館とも逸見清光の嫡男光長の居館とも伝えられています。
『甲斐国志』には、戦国末期の人物である堀内下総守の居館でしたが
その子主税助のとき疲弊したとあります。
館の外郭部にあたる北東側台地では発掘調査が行われ、
15世紀から17世紀にかけての遺構・遺物が発見されました。

深草館跡は遺構の保存状態が良く、中世の館の姿を今日に伝えています。
また、周辺には国史跡谷戸城跡や
大量の古銭が出土した小和田遺跡といった中世の遺跡が数多くあり、
中世史研究の上でも重要な史跡です。

                    (北杜市HP より引用)




こちらが深草館の縄張り図


      深草館縄張り図

                   ( 余胡くんのホームページ  よりお借りいたしました )




三方を堀り切られ、西衣川を天然の堀として要害性の高い深草館。

西衣川に架かる丸太橋を渡って城内(館内)に入ります。


      20140731 深草館跡01


      20140731 深草館跡19



丸太橋を渡れば、ちょっとした上り。
振り返ってみるとこんな感じ。


      20140731 深草館跡18



そしていきなりの虎口。


      20140731 深草館跡02



そして、虎口の先は土塁にぐるっと囲まれた郭となります。
この郭を主郭とする説とこの奥にある郭を主郭とする説と
諸説はありますが、広さで言ったらこちらの郭の方は狭い。
となれば、こちらが主郭か?

丸太橋を渡った虎口が大手口とするならば
こちらの郭は二郭に当たることになる..............

正直、わかりません。

便宜上、こちらの郭を北郭と呼びましょう。


      20140731 深草館跡03



北郭をぐるっと取り巻く土塁。


      20140731 深草館跡04


      20140731 深草館跡05


      20140731 深草館跡06


こちらの郭を北郭と呼んだからには、奥の郭は南郭。

北郭から見る南郭の虎口。


      20140731 深草館跡07



南郭は北郭よりも広い。

そして、北郭同様に周囲を土塁が取り巻いています。


      20140731 深草館跡08


      20140731 深草館跡09


      20140731 深草館跡10


      20140731 深草館跡12




南郭の びいすけ 。
びいすけ の背後が北郭の虎口。


      20140731 深草館跡11



虎口のズームアップ。


      20140731 深草館跡13


さらに南郭の奥へと進めば土塁。


      20140731 深草館跡17




土塁の奥は堀り切り。

単なる空堀かと思いましたが、水の流れる音がする。
こちらも天然の川を堀としているのかもしれない。


      20140731 深草館跡14


      20140731 深草館跡15


      20140731 深草館跡16





深草館跡から見る谷戸城址。

確かに近い距離にあります。


      20140731 深草館跡20

谷戸城に対する居館とも伝えられている所以は、この距離にもあるのでしょう。

単なる館跡だと思っていた深草館跡。
しかし、四方を土塁で囲まれた、しっかりとした2つの郭を有し
ヘタな城郭よりも要害性に富み、戦国時代から数百年経った今でも
その遺構をはっきりと残す城郭であり、
いいものを見せてもらったと思わずにはいられません......................









関連記事
スポンサーサイト
2014/09/03 Wed. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit