07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

根古屋神社の大ケヤキ (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日

7月30日、31日と連休を取り、山梨県の北杜市へ出かけました。

獅子吼城址をあとにして、向かった先は..............

          根古屋神社


本来は素通りっていうか、当初は計画には入っていなかったのですが
『根古屋』と聞いて黙って素通りは出来なくなりました

と言うのも、そもそも『根古屋』とは

根小屋と呼ぶこともあり、中世後期山城(やまじろ)の麓にあった城主の館やその周辺の屋敷地。
おもに東国で用いられた語で,後に集落の地名となって根古屋,猫屋などと書かれることもある。
城主が平時は麓に居住し,戦時に山城に詰めるという形は中世後期に全国的に共通していたので,
根小屋の用語の使われなかった地方も含め,
このようなタイプの城郭を根小屋式と形容することがある。

                        ( Kotobank より引用 )



こちらが根古屋神社
駐車場からの遠景です。


      20140730 根古屋神社01



こちらの根古屋神社には、国指定天然記念物の 『大ケヤキ』があります。

こちらが、その説明看板


      20140730 根古屋神社02





根古屋神社の大ケヤキ(ねごやじんじゃのおおけやき)は、

山梨県北杜市須玉町江草(えぐさ)の根古屋神社(ねごやじんじゃ)境内にある
一対の日本有数の大ケヤキである。

神社の境内に、本殿と舞台を挟む形で両脇に大きなケヤキがある。
向かって右手が「畑木」、左手が「田木」と呼ばれ、
いずれも樹高 20 m、目通り幹囲 10 mを超える巨木である。
芽吹きの早さによって、その年の作柄を占う習わしがあった
(畑木が早いと畑作が、田木が早いと田が豊作となる)。

この二本はセットで国の天然記念物に指定されている。
枯死を防ぐため多数の補修を受けているが、今もなお青葉を繁らせている。

同神社は根古屋集落にある。
同集落は塩川(釜無川の支流で、八ヶ岳と茅ヶ岳の間を北から南に流れる)沿いを溯行する小尾街道(穂坂路)に沿っており、かつては甲州と信州とを結ぶ交通の要衝であった。

現在では県道が塩川西岸に移ったが、以前はこの路が増富温泉や信州峠へのルートとなっていた。

「根古屋」「根小屋」は山城の麓の集落によく付けられる名前だが、
この集落の場合も戦国時代の山城である獅子吼城(ししこじょう)がすぐ東の山上に存在する。
武田家が滅亡した後は北条軍が入城していたが、
1582年の合戦で徳川・旧武田家臣団連合軍の夜襲により落城した(甲州最後の合戦であった)。

一対のケヤキは樹齢1000年と推定されており、戦国の栄枯を見下ろしてきたことになる。


( wikipediaより引用 )



二本の大ケヤキがそびえ立ち、中々の圧巻です。


こちらが、向かって左手になる『田木』。


      20140730 根古屋神社03


      20140730 根古屋神社04


かなり太い幹。
樹齢の高さを感じます。
びいすけ と比べても..............太い!





二本の大ケヤキの間にある舞台。


      20140730 根古屋神社05



そして、その隣には根古屋神社の鳥居。


      20140730 根古屋神社07




神額には、当然『根古屋神社』の文字。


      20140730 根古屋神社06



そして、こちらが向かって右側にそびえる『畑木』。


      20140730 根古屋神社08


      20140730 根古屋神社09

こちらも負けず劣らず太い幹。
さすが、樹齢1000年(推定)と言われるだけあります。




本殿脇の説明看板。


      20140730 根古屋神社10

この根古屋神社から獅子吼城址までの登城路がハイキングコースになっているようです。


この奥が登城路ですが、おそらく最近は誰も歩かないのでしょう。
完全な藪状態。
さすがに、ここを進軍する勇気はありません。


      20140730 根古屋神社11

先に獅子吼城址に行っておいて、良かったぁ。




それにしても見事な幹っぷり。
だけど、上部は切り取られて、高さがないから
幹を見なければ大きさは実感出来ません。


      20140730 根古屋神社12




こちらが、拝殿。


      20140730 根古屋神社13




拝殿と舞台。


      20140730 根古屋神社14




『田木』の前に建てられた『根古屋神社大楠』と刻まれた石碑。


      20140730 根古屋神社15



国の天然記念物に指定されているくらいだから、
当然、山梨県でも指定を受けています。

山梨県の巨樹・名木100選に選ばれています。


      20140730 根古屋神社16



こちらが、本殿。


      20140730 根古屋神社17



本殿脇から眺める『田木』。


      20140730 根古屋神社18


この根古屋神社同様、この巨木たちは戦国時代以前から
この地に根を張り、動乱の戦国時代を見守ってきたのだろう。

武田信玄や勝頼、そして北条氏直も眺めたであろう、
この大ケヤキをじっくりと眺めて、この地をあとにすることにした................。





関連記事
スポンサーサイト
2014/08/21 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit