09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

若神子城址 《若神子古城址》 (2014年7月30日)(山梨県北杜市) 

7月30日 公休日


7月30日、31日と個人的な連休を取って、山梨県北杜市に出かけました。

今回の旅行は、題して

『びいすけ と行く北杜市 城址と廃校、そして丸ポスト探しの旅』


先ずは、北杜市城址巡り第1弾。

           若神子城址



若神子城(わかみこじょう)は
山梨県北杜市須玉町にある城。

所在する北杜市須玉町は県北西部に位置し、
若神子城は正覚寺裏山の北城、古城、南城の三つの城郭の総称。
いずれも若神子集落の西側に位置する台地上に立地する。

甲斐源氏の祖にあたる新羅三郎義光によって築かれたという伝承がある。

戦国時代には武田氏の信濃侵攻における甲信国境として重要視され、
佐久・諏訪口方面からの狼煙の中継点、陣立ての場所として利用されたという。

武田氏の滅亡後、武田遺領をめぐって
天正10年、甲斐国の掌握を狙い、
北条氏直と徳川家康とが対峙した天正壬午の乱の際、
新府城に本陣を置いた徳川家康に対して、北条氏直はこの城を本陣としたと言われています。


こちらが、若神子城の縄張り図


      若神子城縄張り図


           ( 余胡くんのホームページ からお借りしました。 )
                            




朝、4時に佐倉市の自宅を出発。
東関道〜京葉道〜首都高〜中央高速と乗り継ぎ、
須玉ICには8時前に着く事ができました。

しか〜し、この若神子城址を探すのに思いの他、
時間が掛かってしまいました。
(見当違いの場所を車で1時間近く徘徊していました)

若神子城址(若神子古城址)は、現在、須玉町ふるさと公園として整備されています。


こちらが、公園案内板。
駐車場な前にど〜んと建てられています。


      20140730 若神子城址01




      20140730 若神子城址02



こちらが、北の虎口。


      20140730 若神子城址03

歩行者用の公園入口へと繋ぐ登城路となっています。
駐車場脇にあった公園案内図では、こちらが搦手口とのことであるが
個人的には、こちらが大手口のような気もするんですが..............



公園入口から入ってすぐに目に留まる、城址説明板。


      20140730 若神子城址04


      20140730 若神子城址05




こちらは芝生広場
おそらく郭跡だと思うけれど、公園案内図に芝生広場としか明記されていない。

この先に畝堀があり、さらに主郭となるから、こちらは二郭跡になるのだろうか?


      20140730 若神子城址06


      20140730 若神子城址07


      20140730 若神子城址08




畝堀前に建つ説明板。

天正壬午の乱と薬研堀(畝堀)について記されています。


      20140730 若神子城址09



こちらが、畝堀。
かなり埋もれてしまっていて
意外に浅い。


      20140730 若神子城址10



確かに、畝堀と言えは、北条の城の専売特許みたいなものですが
あまりにも規模が小さい。


      20140730 若神子城址11



こちらは、主郭に建つ


      20140730 若神子城址12


あまりにも風化(?)していて、さっぱり読めない。
公園化された時に設置されたんでしょうが
今ではあまり役に立ちそうもない。


      20140730 若神子城址13



主郭から眺める風景。


      20140730 若神子城址14

この視界の先に、家康が陣を張った新府城があるのだろうか?




主郭奥に建つ復元・狼煙台。


      20140730 若神子城址15

危険防止のロープが張られ、立ち入ることは出来ません。



そして、狼煙台の手前にある案内板。
北杜市の文化財(主に城郭・城館跡)が地図上に明記され、
非常にわかりやすい。
そして、北杜市には規模の大小を問わず城郭・城館跡が多いようです。


      20140730 若神子城址16


      20140730 若神子城址17


      20140730 若神子城址18



南の虎口脇に建つ城址説明板。


      20140730 若神子城址19


      20140730 若神子城址20



そして、こちらが南の虎口。


      20140730 若神子城址28


      20140730 若神子城址29



その先は搦め手口になるのか?
下り道となり、台地麓まで一気に下る形になります。


下り坂の途中にある大きな岩。


宿借岩と言うらしい


      20140730 若神子城址21


この岩を加工して門の一部として利用してようです。



宿借岩の石碑

      若神子城址

この宿借岩からは一気に斜面を降りる形で下っていきます。
駐車場脇の公園案内図ではこちらが大手口とのことですが
この細い斜面の登城路は大手ではなく、搦手じゃなかろうか.....?
(まぁ個人的な見解ですが..............)



一気に下った先がこちら。
南側の公園入口となります。


      20140730 若神子城址23


      20140730 若神子城址24


      20140730 若神子城址25




再び、南の入口から主郭へと戻ります。

この坂道をひたすら上って行きます。


      20140730 若神子城址26



宿借岩の近くになると、岩がゴロゴロした上りとなります。


      20140730 若神子城址27




主郭背後の土塁


      20140730 若神子城址30


      20140730 若神子城址31

この辺りは、公園整備時にかなり改変されてしまったのだろうか?



主郭と畝堀の間にある広場(削平地)
レンガが敷かれ、公園の一番のスポットになっています。

      20140730 若神子城址32


ふるさと公園という公園化されたことで、若神子城址は後世まで残されていくのだろうが
今一歩、城の構成が理解しづらいという率直な感想です。

ただ戦国時代には、武田信玄が信濃侵攻の拠点とした地でもあり、
また関東から甲斐への制覇を目指し、徳川家康と争った北条氏直の陣であった城でもある。

個人的に、小田原北条氏のファン(?)でもある私にとって
北条氏の支城をひとつ制覇できたことに加え、
この若神子城を訪れたことで、甲斐の虎・武田信玄の足跡をも感じてしまいました。

甲斐・武田氏もやっぱり侮れませんですなぁ..................。




  
関連記事
スポンサーサイト
2014/08/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit