FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

箕輪城址  (2014年7月18日)(千葉県柏市) 

7月18日 公休日

この日は柏市旧・沼南町エリアの城址巡りをしました。

手賀城址をあとにして、向かった先は......................箕輪城址


箕輪城は
色々とネットで調べてみましたが。正直、歴史はよくわかりません。
鎌倉時代には相馬氏の所領であり相馬文書には,
箕輪三郎という武士の名前が記されているようですが、
これが箕輪城の最初の城主であったのかは不明です。
 
戦国時代には箕輪城の西に位置する戸張城の戸張弾正の家臣である高城伊勢守が
守っていたという伝承もあるようですが定かではありません。
この付近一帯で勢力を伸ばしていた高城氏の支配を受けていたと推定されます。

城址一帯は近隣の城郭と同じように、宅地化と開発により様変りしています




こちらが箕輪城の縄張り図


      箕輪城縄張り図

 いつものように  余湖くんのホームページ よりお借りいたしました。




こちらが大手口になるのだろうか.....?
手賀沼側から箕輪城のある台地へと向かいます。

左側が四郭の城塁になります。


      20140718箕輪城址01


以前はこのあたりに木製の標柱が建っていたようですが
朽ち果ててしまったのか?
それとも病院の駐車場が作られた時に撤去されてしまったのでしょうか....?


      20140718箕輪城址08



箕輪城址の主郭は手賀病院の敷地となってしまい
かなり様変わりしています


駐車場の奥に見える森が二郭にあたります。


      20140718箕輪城址09


      20140718箕輪城址10


主郭は病院敷地内なので、犬連れの身としては
敷地内に入るのはちょっと無理。

まぁ、病院敷地内には遺構も残されていないということなので
主郭探索は諦めます。


こちらが二郭の空堀


      20140718箕輪城址02



この空堀が二重空堀になっていて
箕輪城址の一番の見所となっています。


      20140718箕輪城址03



って言うか、この空堀くらいしか明確な遺構は残されていません。


      20140718箕輪城址04


      20140718箕輪城址05



この空堀のある一画だけが、唯一手つかずの状態で残されているといった感じです。


      20140718箕輪城址06


      20140718箕輪城址07


多くの城郭サイトの記事の記載時より病院敷地が拡張されてしまったと言うか、
木々が生えていた五郭あたりも駐車場になっていたりして
あと数年もすれば、またまた病院敷地が拡張されて
いずれ二郭辺りも改変されtしまうのだろうか............?

以前は標柱も建っていたということは、
文化財としての認識は、あったはずだと思うのだけれど、
沼南町から柏市に吸収合併されて、忘れ去られてしまったのだろうか........?

これが近郊市街地の城址の定めなのだろうか........?




 




関連記事
スポンサーサイト



2014/08/09 Sat. 18:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit