FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

手賀城址  (2014年7月18日)(千葉県柏市) 

7月18日 公休日



北総のドッグランに行ったついでに、ちょこっと足を伸ばして
柏市城址巡りをして来ました。

まぁ、柏市と言っても平成の大合併前には
沼南町と言っていた地区。
この辺りにも城址は多く、以前から気になっている地区でした。


最初に訪れたのは..............手賀城址



手賀城は、
詳細は明らかではありませんが、
戦国期に手賀原氏が築城したと言われており、
手賀原氏は手賀地域はもちろんのこと、
手賀沼の対岸である我孫子の一部や
現在の白井市の名内なども支配していたと言われています。

手賀城はその手賀原氏の拠点となったもので、
興福院のある台地全域が手賀城とされています。

現在、主郭(本丸)は畑、その他の多くが住宅地になっていて、
かなり改変されてはいますが、一部の土塁などの遺構は住宅地のなかにも残っており、
他に腰郭なども現存しています。
現在、興福院のある場所は、城の二郭跡と言われています。

手賀城は小田原北条氏についた原氏の居城であったために、
小田原の役の際に、豊臣秀吉配下の浅野勢によって攻められ落城したと言われています。



こちらが、手賀城の縄張り図


      手賀城縄張り図


           ( 余胡くんのホームページ よりお借りしました。)




こちらが、興福院。
大同年間(平安時代)の創建と言われ、
一時衰退したようですが鎌倉時代に再興され、
戦国時代には手賀原氏の戦勝祈願寺になったと伝えられています。

山門が古き時代を感じさせます。


      20140718手賀城址01



旧・沼南町時代に建てられた標柱。


      20140718手賀城址02

この標柱は旧・沼南町域には多く見かけます。
以前の沼南町って文化財に対しては本当に力を入れていたんだなぁと感じます。



千葉一族の原氏の居城に所縁のある古刹だから
千葉氏の家紋の九曜紋があるとのことでしたが
残念ながら見つけることは出来ませんでした。


      20140718手賀城址03



こちらは、興福院背後の土塁。


      20140718手賀城址04




さして、こちらが主郭跡。

畑の入口に城址碑が建っています。


      20140718手賀城址05


      20140718手賀城址06


      20140718手賀城址07



畑の中にボツンと建つ鳥居と祠。


      20140718手賀城址08


      20140718手賀城址09



主郭は完全な畑と化しているため、周辺を散策してみます。


こちらは搦め手口になるのだろうか?
民家の背後に立派な土塁が残されています。


      20140718手賀城址10


      20140718手賀城址11



以前はきっと立派であったであろう長屋門。


      20140718手賀城址12


残念ながら、こちらのお宅は廃屋となっているけれど
しっかりと敷地内に土塁が残っています。


      20140718手賀城址13


周辺もすっかり宅地化されているから
かなり様変わりしてしまっているけれど
こうやって所々にわずかながら遺構が残っている

手賀城址、なかなかのものです....................




関連記事
スポンサーサイト



2014/08/09 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit