07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて..............井田小学校跡                               (2014年7月2日)(静岡県沼津市) 

7月2日 公休日


煌きの丘から眼下に明神池なるものが見えます。
煌きの丘で楽しみにしていた富士山も眺めることが出来ず
何かパッとしないので、明神池に立ち寄ってみることにしました。


井田集落に入り、民宿街を抜けようとした矢先に
何やら廃校あとらしき風景というか、
それっぽい雰囲気の風景が目に入ってきた。

思わず車を停めて確認してみると、ズバリどんぴしゃ。


           旧・戸田村立  井田小学校跡   でした。




井田小学校は

明治6年 松江学舎第一支校松江学舎として創立。
明治24年 井田尋常小学校として、独立開校する。
昭和22年 戸田村立井田小学校と改称。
昭和59年 戸田小学校に統合され、廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、正門跡。


      20140702井田小学校跡05


この風景で廃校と見抜く私も中々の者?
思わず胸を張ったりして..............(笑)。



門柱は残っていませんが、大きな桜の木が学校跡を彷彿させてくれます。


      20140702井田小学校跡06



正門跡の脇には小さな神社。
そして、神社の鳥居の脇には何やら像が建っています。


      20140702井田小学校跡04


      20140702井田小学校跡01



よく見ると、井田小学校創立百周年記念の碑でした。


      20140702井田小学校跡02


      20140702井田小学校跡03



記念碑の裏面には沿革が記されていました。


      20140702井田小学校跡07



廃校から既に30年の月日が流れ
校舎も解体され、現在は 井田コミュ二ティ広場 となっています。

 
      20140702井田小学校跡13



こちらの遊具はとても30年以上前のものには見えないので
廃校後、コミュティ広場になってから設置されたのでしょう


      20140702井田小学校跡08



廃校跡にはよくあるパターン
ここにも防災倉庫が設置されていました。


      20140702井田小学校跡09



こちらが校庭。
元々広くはない敷地ですが、校舎もなにもないので
それとなく広くか感じたりしてしまいます。


      20140702井田小学校跡10


      20140702井田小学校跡11



敷地のフェンスの隅に宝くじ助成金のプランター。
これは学校遺構とは関係ないようですね。


      20140702井田小学校跡12


二ノ宮像を探してみましたが、ありませんでした。

校舎もなく、門柱もなく、往時の遊具もなく
学校遺構としては、冒頭の 開校百周年の碑(像)しか残っていなく
それ以外に学校を忍ばせるのは、やはり桜の木です。


      20140702井田小学校跡14


      20140702井田小学校跡15


旅先で偶然見つけた廃校跡。

この井田地区は民宿街というか、観光も夏の海水浴がメインの町だろう。
元々そんなに人口の多くない集落だから、おそらく小さな小学校だったのだろう。

そのちいさな小学校も廃校から30年。
子供たちは戸田の小学校へ通い始めて30年になる。
これから先、井田集落はどうなっていくんだろう.....?

さりげなく見守っていきたい.........そんな気持ちになりました。




 
 


関連記事
スポンサーサイト
2014/07/27 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit