FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

萬城の滝 (2014年7月2日)(静岡県伊豆市) 

7月2日 公休日

伊豆旅行2日目。

サンロードを10:00ちょい前にチェックアウトしたあと
富士山の眺望を求めて沼津へ移動することにしました。

伊東から伊豆半島を横断するコーズを選択。
とりあず、修善寺方面に車を走らせていると
気になる案内看板が目に止まった。

『萬城の』..................

気になると素通りできない性格。
という訳で、立ち寄った先は...........萬城の



萬城のは、天城山の北麓を源流とする狩野川の支流、
地蔵堂川の上流にかかる落差20メートル幅6メートルのです。
(万城のと書かれることも多い)。

かつては壷の周囲の玄武岩壁に沿って回ることができ、
滝を裏側から見ることができたので、別名裏見の滝と呼ばれていました。
現在は崩落の危険があるために通行はできません。
また、岩盤の隙間をコンクリートで埋めてあります。

なお、滝には、「この地に住んでいた赤姫の機を織る音がこの滝の水の音と合して、
牛の鳴き声に似ているので、滝の主はこの赤姫の飼っていた赤牛である」との伝説が残されています。

静岡県観光HPより抜粋)


萬城の滝キャンプ場の駐車場に車を停めて、滝の探索です。


駐車場からは、すぐ近く。
遊歩道も完備されていて、ちょっとしたハイキングコースになっているようです。


      20140702萬城の滝01




遊歩道を歩いて(下って)しばらくすると、いきなり萬城の滝が視界に飛び込んで来ます。


流石! と思わずにはいられない。
やはり、20mの滝はそれなりに見応えがあります。


      20140702萬城の滝02



萬城の滝をバックに びいすけ をパチリ☆。


      20140702萬城の滝03



岩場に移動して、パチリ☆。


      20140702萬城の滝04



今度はポーズを変えてみたりして..............。


      20140702萬城の滝05



滝壺近くまで行きたかったんですが、ちょっぴり危険。

ここは大人しく、カメラの位置を変えて滝を眺めてみます。


      20140702萬城の滝06


      20140702萬城の滝07



この位置からが1番迫力がありました。


      20140702萬城の滝08


しばし、滝のミストを浴び、心なしか気分もリフレッシュした気になります。
まあ、あくまでも個人的な主観ですけどね。


萬城の滝を満喫したら、駐車場へ戻ります。


キャンプ場の休憩所で もっちゃん が気になるモノを見つけてきました。

わさびソフトクリーム。


『えっ!?  わさびのソフトクリーム?』

辛そうだから私は遠慮して、 もっちゃん が1個購入。


カップに入ったソフトクリームに、擦りおろした わさび が載っています。


      20140702萬城の滝09


一口食べた もっちゃん の『おいし〜い!』の一言に
思わずつばを飲み込む一人と一匹(笑)。

一口貰って食べてみると、わさびが意外にソフトの甘さに合う。
かえって甘さを引き出してくれるようで、本当に 美味い!。


『美味い!』と言う言葉に敏感に反応するのは、コイツ ↓


      20140702萬城の滝10



わさびのないソフトクリームに夢中な びいすけ 。


      20140702萬城の滝11


      20140702萬城の滝12


いやぁ、わさびソフト、こいつは侮れません。



あまり人が訪れない萬城の滝。
コンクリートで補強されて、人の手が加わったから
魅力半減なんて言う意見も有るらしいが
それを加味しても観光地化していない分、
まだまだ魅力のある滝だと思います。

そして、美味なる わさびソフト に出会ったことも
この萬城の滝を忘れられないモノにしたような気がします.........。




関連記事
スポンサーサイト



2014/07/24 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit