07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて.........................名木小学校                             (2014年6月20日)(千葉県成田市) 

6月20日 公休日

成田市は平成18年に旧・大栄町と旧・下総町を編入し、
広大な市域となりましたが
反面、過疎化と少子化が進む地区を編入したため
苦渋の判断ながら平成26年春、旧・下総地区の4つの小学校を統合し
下総みどり学園と言う小中一貫校へと変遷しました。

この日は廃校になった4校を巡ってみました。


最初に訪れたのは..............成田市立名木小学校




名木小学校は

明治15年 大和田村にある大和田小学校の分校として青山村東光寺を仮校舎として開校。
明治17年    青山学校として独立する。

明治15年    名木村に武田学校より分離独立して公立名木小学校として開校する。
明治18年    名木村公立名木小学校と改称する 
明治20年    名木村立名木尋常小学校と改称する

明治22年    名木村、青山村を含む近隣の村々が合併し、小御門村発足。
          小御門村立名木尋常小学校と改称する。
  
時期は不明だがこの頃に名木小学校と青山学校が統合されたようです

明治42年    名古屋尋常小学校と合併し,小御門尋常小学校名木分教場と改称する。
昭和22年    小御門村立小御門小学校名木分教場と改称する。
昭和30年    小御門村、高岡村、滑河町が合併し下総街が発足し、
          小御門小学校より独立し,下総町立名木小学校と称する。
平成18年     下総町が成田市へ編入。
           成田市立名木小学校と改称する。
平成26年     名木小学校、高岡小学校、滑河小学校、小御門小学校が統合し
           小中一貫校である下総みどり学園が発足し、廃校となる

     と、このような沿革です。



こちらが、名木小学校の正門
今年の3月末に廃校になったばかりだから
表札はまだしっかりと残されています。


      20140620名木小学校01


      20140620名木小学校02




正門をくぐってすぐに目に入る石碑
名木小学校の沿革が刻まれていますが
そこには廃校については記されていません。


      20140620名木小学校03



こちらは、二ノ宮像。
わりと小ぶりな二ノ宮像です。


      20140620名木小学校04


      20140620名木小学校05


      20140620名木小学校06



二ノ宮像に隣接するのは、廃校記念碑。


      20140620名木小学校07

廃校時に在籍した児童の手形が刻まれています
全校生徒26名だったようです。

今まで100校以上の廃校跡を見てきましたが
このような手形を刻んだ廃校記念碑は初めて見ました。


      20140620名木小学校08



校舎前には石碑が並びます。

こちらは校歌の碑


      20140620名木小学校15



そして、創立百周年の記念碑
『 人 愛 則 道 学 』 と刻まれた文字は、当時の文部大臣の筆だそうです。

碑の背後には水飲み場が見えます。


      20140620名木小学校16


校舎前にある水飲み場の水道。
この蛇口ももう使われることはないでしょう。


      20140620名木小学校13




校舎全景


      20140620名木小学校18


      20140620名木小学校11


      20140620名木小学校21



そして、校舎正面玄関


      20140620名木小学校10



玄関の庇には、名木小学校の校章


      20140620名木小学校09



この校舎は、昭和57年に成田空港の騒音対策で新東京空港公団からの補助で
建てられたもののようです。


      20140620名木小学校12



こちらが体育館。


      20140620名木小学校17


体育館の前には二本の石柱。
ひょっとしたら、かつての校門でしょうか.....?

小御門尋常小学校分教場と刻まれています。


      20140620名木小学校19




こちらには 御即位記念 と刻まれています
おそらく大正天皇が即位した時のモノでしょう。
(ひょっとしたら、昭和天皇かもしれない............)

     20140620名木小学校20





校庭に残された遊具。


      20140620名木小学校14


      20140620名木小学校22


      20140620名木小学校23


      20140620名木小学校29


      20140620名木小学校30


      20140620名木小学校24



なぜか、校庭の端には重機が入り、何やら工事を行っているそうです。


      20140620名木小学校25


      20140620名木小学校26


築山を削っているのか?
はたまた校庭を改変しているのでしょうか......?


      20140620名木小学校27



元々、名木小学校の校庭は遺跡跡のようです。
名木大台遺跡の上に建てられたそうで
ひょっとしたら、廃校を機に遺跡の発掘調査が行われるのかな.....?


      20140620名木小学校28


西暦700年代の遺跡と言われる名木大台遺跡
すなわち、その頃からこの地には人々が住み、生活を営んでいた。
時代は流れ、鎌倉時代、室町時代、戦国時代と流れ
近隣には名木城、名古屋城、小御門城があったように
千葉一族の流れを汲む諸氏が城を構えていたとも言われています。
明治を迎え名木村、高岡村、下総町、成田市と変遷していったけれども
過疎化と少子化の波に飲まれていった地域。

時代の流れと言ってしまえば一言で片付いちゃうけれど
何となく寂しさを感じちゃうなぁ。

26人の子供達
大きく、生き生きと成長して欲しいなぁ...................



関連記事
スポンサーサイト
2014/07/11 Fri. 06:30 | trackback: -- | 本文: -- | edit