FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて.........................津富浦小学校新田分校跡                    (2014年6月20日)(千葉県成田市) 

6月20日  公休日

十余三小学校跡地をあとにして、成田方面に車を走らせた。
成田市でも旧大栄町、旧下総町を廻って帰ることにしました。

旧大栄町には昭和32年に廃校になった分校があることを知り
探してみることにしました。

と言いつつも、分校の存在は知りつつも詳しいことはネットで調べてもわからない。
当然、所在地も現在どうなっているかもわからない。

そこで最近の裏技。

この日もその裏技を使いました
旧・大栄町役場(現・成田市役所大栄支所)へ立ち寄り
市役所の方に訊いてみました。
幸いにも旧・大栄町時代の職員の方が居て、親切に教えていただきました。

と言うことで、向かった先は................

     旧・大栄町立 津富浦小学校新田分校跡


新田分校は

明治35年     昭栄村の津富浦尋常小学校の新田分校として設立。
昭和22年     昭栄村立津富浦小学校新田分校と改称
昭和30年    大須賀村と昭栄村が合併し大栄町が発足。
          大栄町立津富浦小学校新田分校と改称
昭和32年    大栄町立第三小学校(後の川上小学校)が創立され
          分校の学区の生徒は川上小学校へ編入となり廃校となる。

    と、このような沿革です。



こちらが新田分校跡
        
正門跡になります。


      20140620津富浦小学校新田分校01


往時の正門は既に撤去されてしまっているようです
(って言っても57年前に廃校だから当たり前ですが...........)


正門跡脇には紫陽花の花が綺麗に咲いてました。
紫陽花で有名な多古町よりも、
こっちの紫陽花の方が綺麗だったりして(笑)。


      20140620津富浦小学校新田分校02



正門跡から敷地内に入ってみます。

校舎はとっくに解体されていて現在は別な建物が建っています。


      20140620津富浦小学校新田分校03



こちらがその建物。


      20140620津富浦小学校新田分校07


新田分校跡は現在、成田市新田共同施設として活用されています。


      20140620津富浦小学校新田分校15


平成18年に旧・大栄町と旧・下総町が成田市に編入され
旧・大栄町吉岡新田地区も成田市となりました。


この施設は成田空港騒音防止のため成田空港公団からの寄付(?)で建てられたようです。


      20140620津富浦小学校新田分校16



敷地内には、校地跡の碑。


      20140620津富浦小学校新田分校04


      20140620津富浦小学校新田分校05



校地跡の碑の裏面には、分校の沿革が記されています。


      20140620津富浦小学校新田分校13


      20140620津富浦小学校新田分校14



校地跡の碑に隣接するように建つ成田用水竣工記念の碑
『豊穣愁久』と記されています。


      20140620津富浦小学校新田分校06

この地域の新田という地名が示すように
新田開墾には用水が欠かせなかったものでしょう。
この用水の完成も地域の人々にとっては生きていく上で
待ち望んでいたものなんでしょうね。




こちらが校庭跡。


      20140620津富浦小学校新田分校08



共用施設という堅苦しいネーミングですが
要は地域の公民館。

雑草もみっともなく生えることなく手入れされ
この施設が大事に使われている様子が伺えます。


      20140620津富浦小学校新田分校09


      20140620津富浦小学校新田分校10


      20140620津富浦小学校新田分校11



校庭の周囲には桜の木が並び
桜の季節には綺麗な桜の花で彩られることでしょう。


      20140620津富浦小学校新田分校12

ひょっとしたら地元では隠れた花見スポットになっているのかな?

分校時代にこの学び舎で学んだ子供たちが
春の日に往時を偲んで酒を酌み交わす
そんなことがあったら楽しいことでしょうね.......................







関連記事
スポンサーサイト



2014/07/10 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit